新着Pick
40Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ドイツのナショナルフラッグキャリアなので当然こうなると思います。ただ、欧州最大のLCCであるライアンエアが言っているように、大手だけ救済するのが利用者利便の観点でどうなのかは議論の余地があります。

ライアンエア、4月の旅客数99%減4万人 20年度は35%超の前年割れ予測
https://www.aviationwire.jp/archives/201990
エアライン救済は、社会経済活動を再開する上で不可欠な選択です。あまりガチガチな条件を強いることは、今回の場合は相応しくないと考えます。
個人的に印象ですが、ルフトはただでさえ巨人化し過ぎており、オペレーションもいわゆるドイツ的なイメージから、徐々に離れていました。
今回を機に、オペレーション面でもリストラクチャーを進めるのではないかと予想しています。
1兆円の融資、出資を国会含め1か月で決めるスピード感。ドイツの政治、行政は頼り甲斐ありますね。この国に生きていて良かったと思わせる国ですね。
National Flag Carrerが次から次へと苦境に陥っている。タイ航空は経営破綻。救済しつつ、経営効率化を進め、かつ新たな収益モデルや事業展開も見据えないと、一度コロナでデカップリングが起きたグローバル市場で今後の航空業界の見通しは厳しい。
ドイツ政府は、航空大手ルフトハンザ航空を90億ユーロの救済措置をとることで最終案で合意したとのこと。独メディアが報じているそう。

業績