新着Pick
560Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今回の対応を見ていると、様々なところで準備と判断が早かったなと感じます。もちろん他社も検討・検証はしていたはずですが、緊急事態宣言が出て他社がどうするのか様子を見て、ではなく自社のスタンス(従業員の安全確保も含めて)の確立は徹底していたと思います。

私も昨日行きましたが、休業していた約1ヶ月、意外と気軽にコーヒーを飲める環境が少ないことに気づかされました。コンビニもあるし、飲みたければ家庭に環境を整備するという選択肢もあるのですが、少し違うな、と。それだけスタバが生活に浸透しているということでしょうか…
スタバが一人勝ちする理由として述べられている内容がユーザーの感覚としては違和感。マイボトルによりテイクアウト比率が高いとありますが、他社もやっていますし、実際テイクアウト比率にどの程度差があるのか気になります。店内の席間スペースも元々余裕があるのでソーシャルディスタンスは確保可能とありますが、4月中に対応していた店舗は相当席数を間引いている印象で、店内売上は相当落ちるだろうなと思いました。実際のところわかる方がいれば教えてほしいです・・・

個人的には、ひとえにスタバのブランド力だと思っていて、人々はスタバのロゴが入った飲み物を持ち帰りたいからそうする、というシンプルな構造ではないでしょうか。そこまでのブランドを作り上げてきたことがすごいです。今回早期に休業を決めたこともブランドにはプラスになっていると感じます。
よくわからない記事ですね。テイクアウト比率の高さを指摘しているようですが、「カフェ業界」で比較してもあまり意味がありません。少し補足します。

スタバの業績回復は「都心部に人が戻ってくるかどうか」にかかっています。プレジデントオンラインの以下の記事ではリードに「セブンは夜の人口を重視し、スタバは昼の人口を重視する」と書きました。テイクアウト比率についてはこう説明しています。

###
都心部のスターバックスは、店内で飲食するイートインと持ち帰るテイクアウトがほぼ半々くらいと言われています。すると、店舗の席数が50席でも、テイクアウトを入れると100席分が売れるというわけです。

同じくコーヒーチェーンの上島珈琲店は、テイクアウトが非常に少なく、8:2か9:1で圧倒的にイートインが多いのです。そうなると、同じ広さの店舗であれば、スターバックスは上島珈琲店より売上を倍とれるということです。

スタバが最多出店する千代田区にコメダがひとつもない理由 「人が多い=儲かる」わけではない #POL https://president.jp/articles/-/33559
###

テイクアウトの強みを活かして、駅ナカに座席ゼロの店も出しています。これは2017年に秋葉原駅に1号店を出したときには記事も出しました。https://president.jp/articles/-/22912

他方で、スタバは店舗開発をローコストで済ませているわけではありません。むしろ「どの店も、その場所らしい」という点にこだわっています。

###
大手コーヒーチェーンのスターバックスが、地域文化に根差した店を増やしている。そのうち青森県弘前市の店舗は、「登録有形文化財」の中にある。建物の保護が前提なので、店は手狭で、商売がしやすいとはいえない。狙いはどこにあるのか。

わざわざ「文化財」の中に出店するスタバの狙い 売上が見込めるとは限らないが… #POL https://president.jp/articles/-/30497
###

一斉休業にいち早く手を打ったのは、さすがでした。しかし、休業期間が長引くほどダメージは大きくなります。都心部の人出がすぐに戻るとは考えづらく、スタバにとっては試練のときが続きそうです。
本文中にもある通り、「来店客と従業員の安全確保を優先した」一連の対応は、確実にブランドイメージの向上に繋がっていると思います。以前に別の記事でもコメントしましたが、今回スタバの対応は他のコーヒーチェーンよりも早く、個人的にはとても好印象でした。元々衛生管理もしっかりしていますし。

コンビニコーヒーも好きですが、不特定多数の人がマシンに触れることに抵抗感を示す人も多いかもしれません。
ストアロイヤリティが高く、自社で売る力(集客する力)があるかどうか。これは立地や業態限らずコロナ禍の中で大きな差になりました。売る力が立地や業態依存だと、コロナ禍で応援消費もなくぱたっと時間が止まります。
「一人勝ち」という表現は違和感。
初動が早いというのも、決まったことを淡々とやったというだけで、他に先んじてというほどてもなかったと思います。

私もほぼ毎日のルーティーンとして、同じ時間に同じ場所で同じ商品を頼みます。美味しいからとかでなく、どこに行っても安定しているから、好きです。コンビニだとセブンイレブンがあると安心する感覚。

生活に溶けこんでるので、売上は日常が戻るのと同じように戻ると思いますが、それが増えるほどの話なのかはよくわからない。
私も、初日に家の近くのスタバに駆け込んだ一人です。
スタバが再開すると「日常が戻ってきた」という感じがする
というところがあり、その感覚を味わうために皆がスタバに
殺到しているのではないか、という感じがします。

加えて、お店の外、それから店内にソーシャルディスタンスを
確保するためのわかりやすい表示が行われていて、きちんとした
安心感がある。真剣に対応していることが分かる頑丈そうなアクリル板
が目に入ってくる。また、店内の表示にはいつも添えられている楽しそうな
イラストがあまりなかった。ちょっと物足りない気もするが、
これはこれで街の空気を読んでいるなと思い、会社の方でかなり計算して
おそらく全店で揃えていると感じました。

一言でいえば、スタバはかなりしたたかです。

ただ、ビジネスとして考えた場合、しばらくはサードプレイスとしての
使い方は難しいという気がします。とすると中途半端に店内が広い。
つまり家賃負担が少し大きいということになる。これをどう解いていくか?
単価を少し上げて、テイクアウトの比率を上げることでトップラインは維持できる気もする。そのための、今回の一覧の対応だったのかもしれない、などとも少し思う。
さあ、どうくるか。
彼らの腕の見せ所だと、ちょっと期待しています。
アフターコロナはスターバックスの一人勝ち。テイクアウトとドライブスルーが今後は鍵になるとのこと。
飲食店に関しては新型コロナウイルスで個人経営のお店が非常に厳しい状況に陥っていると感じます。乗り越えられればまたお客様が戻って来て回復も可能だと思うのですが。経営者の方々はとても大変だろうと思います。
わからなくもないが。
一人勝ちってほどですかね?

まぁコロナ禍でのステイホーム記事(取材無し記事)でしょうか。
簡単な話、先行していた中国や米国での経験があったというだけですよね。

簡単なことを、こねくり回して、難しく理屈つけるのは、いかがかと思います。

グローバルに展開しているFCと、国内のみのFCでは、大きな差が生じます。

この記事にある「スターバックス」は、中国で経験して、得た知見と経験をグローバルに適用すれば良かったというだけです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
スターバックス(英語: Starbucks Corporation、ナスダック: SBUX)は、1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業した、世界規模で展開するコーヒーのチェーン店である。 ウィキペディア
時価総額
9.45 兆円

業績