新着Pick
150Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日配60万円と仮定すると、60万円×粗利益率30%×チャージ歩留り率50%×30日=約27万円のオーナー月収の減少です。
フルにリスクを取っている個人事業主よりは幾分かマシですが、大変な損害です。ただし、セブン-イレブン等の大手は相応の資金援助を実施済みです。
既存店売上の構成比でみると、
日配食品35.9%、加工食品27.6%、非食品31.5%、サービス5%

それの前年比でみると、
日配食品△13%、加工食品△8.5%、非食品△7.5%、サービス△21.8%

コンビニは幅広い立地展開の為、人が出ない繁華街エリアの店舗は全面的に影響大きいですよね。反面、まとめ買い需要で客単価は前年比9.5%伸びて688.3円まで伸びたのは印象的です。
ドラッグストアの既存店売上は好調なところが多いようで、これは日配品などコンビニが得意とする領域をドラッグが包含していて、ドラッグの方がよりワンストップで買い物が済むので、買い物の回数を減らしましょうという行政からの呼び掛けに合っているからであろう。おにぎりや弁当はもちろんコンビニの方が強いが、オフィス閉鎖で昼も夜も自炊率が上がると需要自体が減ってしまう。
コンビニの4月月次売上は、チェーン格差が非常に大きくなっています。そこには、出店立地の格差もありますが、都会でも田舎でも稼げるチェーンや店舗作りをしているかどうかが明暗を分けています。コンビニの同質化はよく言われますが、皆が思っているよりも違う事が数値として出ています。

セブン-イレブン5.0%減、ファミリーマート14.8%減、ローソン11.5%減、ミニストップ6.8%減、ポプラ16.0%減、ニューデイ53.0%減
—-
https://newspicks.com/news/4893393/?utm_medium=urlshare&utm_campaign=np_urlshare&invoker=np_urlshare_uid3417154&utm_source=newspicks

https://newspicks.com/news/4911763/?utm_campaign=np_urlshare&invoker=np_urlshare_uid3417154&utm_medium=urlshare&utm_source=newspicks

さて、月次数値として平準化するとこうなりますが、個店では当然伸びている店舗も多くあります。ただ、例えば、丸の内のビルインの店舗だと売上減は本当にひどいと思います。一方、郊外立地や住宅立地は伸びてはいますが、どんなにいいところ120%とかそんなもんでしょう。地方でも高速沿い、街道沿い、観光立地は軒並みマイナス。プラスになる店より、マイナスになる店の方が圧倒的に多いということです。だってGDP がマイナスになるくらいですから。

コロナの影響で、内と外の需要の割合が大きく変化しました。家庭内需要は伸び、家庭外需要は減る。結果として、内需要のスーパーとインバウンドに頼らないドラッグストアは大きく伸ました。一方で、百貨店や外食は外需要に偏っているので、大幅な売上減です。その意味で、コンビニは、フォーマットとしての内と外のバランスが、やや外寄りですが、バランスが取れている事が証明された結果とも言えます。

https://newspicks.com/news/4918936/
私も斎藤さんと同じで、自粛期間中にヘビーなセブンイレブンのユーザーになりました。てっきり売上高が増大していると思っていた。
売上高は大きく落ちてますが、顧客の一回当たりの購入額は増えてるみたいですね。
やはり、コロナの影響で買い物回数をできるだけ減らす行動が垣間見れます。
食事量が減らない以上は、外食客層がコンビニに寄ると思っていたのですが、そんな単純ではないのですね。
しかし個人的には、在宅勤務による自炊(スーパーでの買い物)がそこまで増えるイメージもありません。

これはテイクアウトや配達サービスという外食産業の生き残りをかけた営業努力が、通常営業できるというコンビニ業界の油断の隙をついたのかもしれませんね。
地域差がありそうなので、そういう分析やレポートがみたいですね。
住宅地では一定のびるけど、新宿・渋谷みたいな繁華街は落ちるようなことは容易に想像できます。繁華街のコンビニはしばらく回復しないと思いますし、店舗のラインナップが変わっていきそうですよね。
約27万円の月収減なら大したことない。
それを乗り越えられないなら話にならない。