新着Pick
207Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
とても元気のでるニュースですね。

各社決算が厳しい中、情緒で判断されてしまい、新しい取組に踏み切れない会社も多いかと思います。やるべきことは断固として進める。コロナを機会を取らまえて、企業の体質や文化、仕組みをアップデートしていくんだ、そういう覚悟を感じるニュースでした。

新しいことに挑戦するにあたっても、大企業だけでなくベンチャーを含めたサプライチェーン全体で、手を取り合い助け合って「ともに」強く姿勢がにじみ出ており、その観点でもホームカントリー日本はまだ捨てたもんじゃない、と感じました。

応援しています。
ANAデジタル・デザイン・ラボですね.「4D GRAVITY」と称しているジンバルで荷物を保持するドローンを開発しているエアロネクストとはこれまでも協調してきました.
https://japan.cnet.com/article/35144786/
このANAのデジタル・デザイン・ラボは,航空を利用しない人は世界の過半数.その人たちに働きかける,をコンセプトにユニークな取り組みをしています.ドローン,宇宙,アバター...

記事の趣旨とは違いますが,レベル4に向けた制度設計の議論が活発化しています.
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kogatamujinki/kanminkyougi_dai13/siryou1.pdf
おそらく,世界のいずれの国より早くに進んでいます.
ANAさんのドローン新ビジネス。航空業界は新たな分野への進出は必須です。成功されることを祈念します。
ANAはJALが追い付く前にと規模の拡大を急いだため、コロナ禍で苦しい、という論調が多いですが、規模の拡大とともに、ドローンやアバターなどで経営の多角化を図っていたことは奏功しているように見受けられます。

ドローンについては、自律飛行を目指すにあたり、他のドローンやヘリコプターなどとの衝突防止のためにトランスポンダーを使うと良いと考えられますし、事前に飛行計画を設定し何時何分にどのポイントを飛行しているかという情報を共有する技術、GPSによる測位の精度の必要性やその担保の仕方、そしてそのために必要な法整備についても民間航空会社から提供できるノウハウは多いです。
ただでさえ人手不足のところにこのコロナなので、輸送におけるドローンの役割は大きくなる時代に差し掛かっていると考えられます。ドローン×民間航空会社は相性が良いので、ほかでも動きが出てくることを期待します。
時代の流れが大きく変わるニュースです。このデザインを見てください。あのANAのマークがついた商用物流ドローンが、皆様の荷物を運ぶんです。この安心感、半端ないですよね。空の安全のスペシャリストANAと、ドローン機体機構開発スペシャリストのエアロネクストのタッグは、最強です。
これは素晴らしい
未来感があってわくわくします
ただ米国の対中政策の中で中国産の半導体やカメラなどを使用していた場合に米国政府との取引ができない状況にあるため、特にエマージングテックに指定されているドローンについては、コンポーネントにおけるエンティティリスト企業の割合をかなり気にしていないと、良いものを作っても商機を失うでしょう
また、このようなドローンの活用が活発化してくるにあたっては当然有害なドローンを飛ばす人たちも出てくる
そうした時にはカウンタードローンの考え方が必要でこれもまた法整備からやらないとだめですね
ANAの本体も全く余裕がない状況だけに、筋が良くてもランウェイ(資金繰り可能期間)が十分にあるのかが心配です。

ソフトウェア系ではなく、ハードウェアも含むため、製造のためには、まとまった現金が必須となります。

新型コロナウィルスによる業績の急激な悪化がなければ問題なく進んだプロジェクトだとは思いますが、運とタイミングですね。

早く完成していれば「時流を先取りした大当たりのサービス」でしたが、まだ未完だとすると「ビジネスチャンスを掴むのは目前でも、足元の資金が確保できない」という最悪のケースも想定できます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
素晴らしい!実用化が待ち遠しい。
ANAホールディングス株式会社(エイエヌエイホールディングス、英語: ANA HOLDINGS INC.、略称: ANAHD)は、東京都港区に所在する日本の会社で、航空輸送事業を主力とするANAグループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
8,481 億円

業績