新着Pick
345Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
MJGの事例を振り返ると、「新型コロナ」は単なる言い訳に過ぎない。何でもかんでも、コロナ倒産として一括りにすると、ミスリードしてしまいかねない。

同社はコロナ前から、すでに資金繰りは限界を迎えつつあり、経営破綻は秒読みと見られていた。外部環境の急変(新型コロナ)ではなく、内部体制の崩壊(放漫経営)が、真の破綻要因とみるべき倒産事例
売上高を追いかけ拡大を急いだことがあだになったーー。昭和の時代にチェーンを過剰に拡大して、平成の不景気で苦しんだ企業は多くあれど、この令和にもありました。

記事を読むにつれ、およそまっとうに経営戦略らしきものなどなかったのではないかと思われる、打ち手と、従業員への対応のまずさ。やってはいけない経営の典型をみているようです。
シンガポールにも会社をお持ちで、今年の2月にサンテックのお店をオープンされました。
サンテックは家賃が安くとも月150万円で人件費加えたら赤字垂れ流しになります(客単価1万円でも150人分の売上が家賃に消えます。)。よほど儲かっている企業なのかと思って調べたときに既に人事の問題がネットを賑わしていて驚きました。
マッサージ業界の方からは、弟がマネジメントしているシンガポールにお金を流しているという噂を聞いています。
「勝ち組」という言葉は
これからの時代は無くなるのかもしれませんね。

真面目に経営をしていても危機的状況になるのに、
放蕩経営をしていれば直ぐに倒産してしまうのは明らかです。

「会社は経営者の人格が宿る」
というのは間違いないと思います。
私も心の白帯を締め直して、
今日も一日コツコツと頑張りたいと思います。
顧客の悩みや痛みを解決するという整骨の基本を忘れた経営が破綻の原因。会社の血液であるキャッシュフローは出るいっぽうで、止血できなかった。
全くの素人目線からすれば、チェーン店としてのブランド力を除けば人が人にサービスを提供するビジネスなので飲食店等とも違い大量仕入れなどのスケールメリットもあまりなさそうだし、加盟料ビジネス色が強いのかなと思っていました。
格闘技会場でお見かけすることもあった社長さんでした。

大会に広告を出したり、格闘技選手を広告に登用したりと勢いはありました。勢いがあるとすごい!と思ってしまいがちですが、落ち着いて見ることが大事だなと感じさせられます。
企業が失敗する理由は色々ありますが宣伝広告費が売り上げに直結しないと厳しくなりますよね。

サービスが回る状態で宣伝していたのか気になるところです。宣伝すれば売り上がるはずというケースで無理して宣伝にお金使っていくパターンありますよね。売り上げは上がるんですが利益が出ない、赤字になるみたいな。


スタートアップ、ベンチャーが失敗する7つの原因・理由
https://keyplayers.jp/archives/17428/
接骨院でここまで規模を拡大できた手腕は買っても良いかと。
急拡大してたもんなぁ
この連載について
信用調査のプロである帝国データバンクの記者たちが、NewsPicksだけでお送りするオリジナル連載「こうして企業は倒産する」をリニューアルしてアップデート。話題の倒産を追う「倒産ルポ」、マクロの倒産動向の解説、最新の産業トレンド、独自の特別企画レポートなどを毎週木曜日にお届けします。