新着Pick
449Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
当たり前のことをを至極真っ当に語られている。

フィーリングでなく、データと短文のレポートからファクトを理解し、判断する。
イキフンの仕事はなくなりノミュニケーシおじさんは淘汰される、ヨイショおばさんも。

年齢も性別も居住地も身体ハンデも関係なくなり、
どこもがAmazonのようにアウトプットベースのマネジメントに切り替えるコロナチャンス到来。
GOAL SETTINGにおける基本として、昔から"SMART"は使われてますが、正直、形骸化している事実があると思う…。また、半年、一年スパンでの運用が基本だったのが、激変する経営環境下で、"AGILE"な働き方が求められてきた背景もあり、もっと短い期間での運用が求められてることを考えると、"SMART"より、「GROW」アプローチが有効だと思う。自らが目標=ゴールを立てる時の視点としては、"SMART"は大変有効であるが、その目標が一人では達成できない内容や、大きな目標の場合は、他者との対話を通じて、"目標設定"よりも"目標達成"に重きを置いているからだ。G-GOAL 、R-REALITY、O-OPTIONS、W-WON or WILLの略だが、特に、重要なのは、O-OPTIONSである。本人が目標と向き合い、本気で達成することを見据えたとき、自ら代替案や追加案などを思考し、如何に達成するかについて考える機会が設けられているところがポイントである。この"O-OPTIONS"が無ければ、本人の合意を勝ち取らない状態で、当人の目標設定になってしまう懸念がある…。"O-OPTIONS"は、本気で達成しようと自らが当事者として考える機会となる。"O"の次にある"W-WON"は、お互いに合意した状態を意味しており、単に上司や他者から言い渡された目標ではなく、本人の意思が明確にあることが大事な視点である。"会えない"、"見えない"状況下でも、このアプローチは、お互いの目標を達成するためにも大いに有効なアプローチだと改めて思う…。
「私が何も言わないのは、倉庫のメトリックスを見ていればお前が上手くやっていることがわかるからだよ。車に乗っている時、調子よく動いているエンジンをわざわざ分解して確認したりしないだろう?」だったのだ。

つまり、様々な「センサー」から、「今エンジンがどのような状況か」の報告は自動的に上がっている。その数値にさえ問題がなければ、車を止めて「エンジンを確認」する必要はない、というのである。
読ませていただきましたが、ごくごく普通のことが書かれているだけで「アマゾンのすごいリモート管理」の秘訣とは何なのか…と感じてしまいました。

まぁ、「当たり前のことを、当たり前にできていること」が「すごい」ということなのかもしれませんが…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
良い記事です♪
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
157 兆円

業績