新着Pick
234Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
山崎先生が書かれているように,この手のもの,仮にあっても直接画面を触ってしまう人が多いのではないかと想像します.
うちの研究室では,空中映像に触覚をつける,というのをやっていて,バーチャルな画面に触れたら触感が返ってくるようにしたりという研究をしていますが,それなりの人数の人が仮想面を通り越してかなり奥まで指を突っ込んでしまうんですよね.
https://www.youtube.com/watch?v=uARGRlpCWg8

一方で,社会の要請的に,触れる必要のないインタフェースが求められているという面があるので,触れたくない人が触れず操作できるようにしておく,というだけで良いのかもしれません.
そのあたり,コロナ発生後から急速にニーズが変化していて,研究者としても何をアピールするのが良いか読み切れていなかったりします.
これ、研究レベルでは結構あるのですが、どれくらい受け入れられるか注目しています。

まず思うことは触覚的フィードバックがないので多くの人に受け入れられるかということ。みなさん、キーボードとかでも押し返し感を大事にされたり、スマホでもぬるっと感を大事にされたりするじゃないですか。それがどこまでタッチレスで再現できるか。

もう1つはタッチレスだといったところでみんな触れてしまうのではないかということ。慣れってありますし、世の中のパネルが全部タッチレスにならないと直感的に混乱しそう。

むしろ、簡単なものは音声操作で良いと思うのですよね。エレベータの階数指定とか。
申し訳ありませんが、これが「日本が勝てない理由」を示す製品例です。

何故か?「UI/UXの考え方」が全くと言ってよいほど感じられません。

「触らなくても動く」ことを知っているのは「設計者だけ」です。
普通のユーザーがみたら、間違いなく「触り」ます。

つまり「UI/UX」を考えた設計であれば「ユーザーが触らない設計」にすることが一番肝心なのです。

昔から日本の設計は「技術者の独りよがり」であったことが、使いづらさにつながっていたのですが、この「タッチレスなタッチパネル」は、かなり致命傷だと思います。

関係者の方には、ネガティブなコメントで申し訳ありません。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
やりようないんですかねぇ、指先に振動フィードバックぐらいしか

使い捨て指シールドとか?

それじゃあ手袋ですよねぇ
フィードバックは音以外に、光やBluetoothなどのデバイスでも出来るのかな。

タッチパネルに触れなくていい、検知距離の許容範囲が割と広い、という感じがする。
アルプスアルパインが想定している用途以外だと、画像認識やロボットアームによるタッチ操作によって、何かを自動化出来そう。
「何か」が何かは分からないし、パッと思い浮かんだのは、ゲームプレイの自動化やマジックハンド的な低レベルな用途。

カメラやレーダーでは実現の難しい、高感度静電センサーならではの使い方が見つかると良いですね。
アルプスアルパインなので、ゲームのコントローラーなどで使われる事にも期待してしまう。詳細が未発表のPS 5のコントローラーで、ざっくりとした範囲指定とか出来たら面白そう。(FPSでセンサーに指を近づけて範囲指定、物理的なタッチで範囲攻撃など)
タブレットより、不特定多数が使う案内型のデジタルサイネージに使われそう。ただ「タッチしなくてもいい」ということを認知させるまで時間がかかりそうです。
この延長にマイノリティ・レポートみたいな触らずに操作できるディスプレイが来ると思うとわくわくする。
モニタが見える位置にあると触っちゃいそう