新着Pick
642Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
第一関門を突破。

3月末からの臨床試験第1フェースで18〜55歳の8人(これが今回の結果)+現在進行形で55〜70歳+71歳以上を進めていて、まもなくフェーズ2として600人、その後7月にフェーズ3として数千人規模の試験になる予定です。

年末年始には、医療従事者から徐々に届けたいとしています。その後の量産にはゲイツも巨額を入れています。

とはいえ、(もしフェーズ3までを突破したとして)モデルナだけで世界全体を賄えることはない、とCEOも断言しており、ほかのワクチンの開発もかなり重要です。

NewsPicksによるモデルナ創業者への独占インタビューはこちら。
https://newspicks.com/news/4832540
フェーズ1に参加した8人の被験者由来の血液に中和抗体が検出されたとの報道です。血液中の中和抗体の量は感染から回復した人と同等かそれ以上だったといわれています。

ウイルスは私たちの細胞内に侵入して増殖します。中和抗体はウイルスが持つスパイクタンパク質に結合し、細胞上のエントリー受容体への結合を阻害する抗体のことです。したがってこれが適切な量あればウイルスの体内増殖を抑えられることが期待されます。

ポジティブな報告であるとは思いつつも注意が必要なのはまだフェーズ1であることです。フェーズ1は安全性の証明にフォーカスした臨床試験です。これから続く臨床試験でこのワクチンが充分な安全性と効果を両立するか、それを大人数に接種してよいかが判断されていきます。

モデルナ プレスリリース
https://investors.modernatx.com/news-releases/news-release-details/moderna-announces-positive-interim-phase-1-data-its-mrna-vaccine/

NewYork Times: Moderna Coronavirus Vaccine Trial Shows Promising Early Results
https://www.nytimes.com/2020/05/18/health/coronavirus-vaccine-moderna.html

Reuters: First COVID-19 vaccine tested in the U.S. shows promise in data from eight people
https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-moderna/first-covid-19-vaccine-tested-in-the-us-shows-promise-in-data-from-eight-people-idUSKBN22U1KQ
この一報受け株価は20%以上急騰して時価総額も3兆円突破。メッセンジャーRNAを用いた新しいアプローチでのワクチン開発で世界に先行して、このまま実用化までこぎつけたら米国のバイオベンチャー全体への資金流入加速するイベントとなりそう #モデルナ #米株
第一相試験の報告で明らかにされたことは、ワクチンを投与した少数の健康なボランティアの方で、重大な副反応が今のところ生じていないこと、そして抗体の産生が見られたということです。

また、8名のボランティアの方にできた抗体は、実験室の中で感染した細胞に投与され、ウイルスの増殖を抑えたことも確認されています。

これは両者ともに有望な結果ですが、少数での確認であるため偶然性を排除できず、また実験室での結果は必ずしも「ヒトで感染を抑えるか」とイコールにはならないので、引き続いての試験が必要となります。

加えて、grade 3(5段階中の3で、生命を脅かすものではないが重症な副作用)までの副作用が3名の方に認められたことも報告しており、対象人数を増やした時に安全性が問題にならないかという懸念材料もあります。

ただし、ここで生命を脅かすような重大な副作用が観察されてしまったら、そもそも次のフェーズに進めないため、大きな前進とも言えます。

引用: https://investors.modernatx.com/news-releases/news-release-details/moderna-announces-positive-interim-phase-1-data-its-mrna-vaccine/
このリリースでModeRNAの時価総額は日本円にしてなんと3兆円越え。
この会社、mRNA修飾を研究しiPS細胞の誘導に成功したDerrick Rossiが10年前に立ち上げた、当時は無名のスタートアップ(たしか当時のCell Stem Cell論文の謝辞欄で社名が記されていたくらい)。それが今やボストン界隈のバイオテック・イノベーションを象徴し、全世界がCOVID-19対策の希望を託す、押しも押されぬ大企業に。
米国のModeRNAやFateしかり、規模は違いますが日本のタカラバイオやリプロセルしかり、「iPS細胞で儲ける」のは詰まるところ、iPS細胞技術を呼び水にシーズの一本足から脱却した、こういう強いスタートアップの成長そのものなんですよね。
臨床試験はphase IからIIIまで行われますが、phase Iが幸先よくスタートしているよう。このまま順調にいくことを期待しながら続報を待ちます。

新型コロナのワクチンが待ち望まれるのはもちろんですが、モデルナの場合はmRNAワクチンという新しい技術の実用化という点でも楽しみ。

モデルナとワクチンについてはNPの以前の記事に詳細解説されてます↓
https://newspicks.com/book/2176/article/4863785?ref=book_2176
株価沸騰中。これはNP編集部、先見の明があったかも。

(追記)
トランプは先日モデルナの取締役を連邦政府のワクチン開発プロジェクトのトップに任命。その人は引き受けるにあたってモデルナを退任したものの、まだ1000万ドル相当(今日の値上がり前で)のストックオプションを保有している。公表されたデータは45人分と数は少ないが、データ自体は有望であることは事実。ただそこにこういう利害関係が絡むとミソがつくんだよね。
まだまだフェーズ1。
モデルナ社だけでなく、複数のワクチンが同時に検討されているので、最終的に一つでも現実的に使用できるワクチンにたどり着いてほしい。
1~2年以内にはワクチンが世界に行き渡るとしたら、それは今産まれている「New Norm」の終わりも意味するでしょう。一過性のNew Normに終わる行動と、真のNormとして残る行動の選別が行われることになる。
何が残るのかまだ測りかねるものの、「移動」に関して言えば旅行は元に戻ったり、更に活発になることがあったとしても、出張は完全には戻らないように思います。
「交流」に関して言えば、SNSが発展したからといってオフラインの交流がなくなったかというと、ある面ではむしろ促進されている面も大きい。ただし、目の前の人との交流よりスマホの向こう側との交流に意識が向かったという意味では近い関係から遠い関係への意識シフトというトレードオフはあった。
ECとリアル購買がトレードオフな関係にあるのは、商品を得るという最終的なゴールが一緒で、ECにはリアル購買にない確かな便利さがあるから。しょうがなくやることではなく、絶対的な便利や楽しさがNew Normの中に見いだせるかどうか。
今起きているテレコミュニケーションの革命は、SNSがもたらした1対nへのシフトではなく、1対1を結ぶ相手のリアルから遠隔へのシフトという感じもしますが、それが絶対的な便利や楽しさを生むのかどうかはまだトライ&エラーする必要がありそう。
素晴らしいニュースだし期待したい。対症療法も重要だが、かからなくて済むならそれに越したことはない。
一方でまだPhase-1。また山田さんがコメントされているように副作用も致死的ではないものの重いものが3/8出ているという観点では、そこが改善されて行かない限りは全員が摂取するようなものにはならないのではないだろうか。全員が摂取しないのであれば、行動の自由度は上げきることは感染リスクとどう付き合っていくかということになる。