【麻生要一】「新規事業開発」で自らの能力を覚醒させよ

2020/5/19
プロジェクト型スクール「NewsPicks NewSchool」では、7月から「新規事業開発」をテーマとしたプロジェクトをスタートします。

プロジェクトリーダーを務めるのは、リクルートで新規事業統括エグゼクティブを務め、これまで約2,000件、5,000人の新規事業開発プロセスに携わってきたアルファドライブCEOの麻生要一氏です。
こちらでは、プロジェクトの概要と麻生氏からのメッセージをお届けします。
参考:NewsPicks NewSchoolとは
【募集開始】プロジェクト型スクール「NewsPicks NewSchool」が目指すこと
プロジェクトの概要
「人生100年時代」の昨今、製品やサービスの寿命が加速度的に短くなっています。
以前は1つのヒット商品で10年会社が成立したものが、今は3年と持たない時代にーー。
「かつて」の成功体験がすぐに通用しなくなり、今の成功モデルも明日には通用しなくなる時代に身に付けておくべきスキルが、最も普遍的なポータブルスキルである「新規事業開発」です。
自分の頭で考えて、自分で顧客を見つけて、自分で商売にするための実践的なノウハウを身につける。
本プロジェクトでは、アルファドライブの新規事業開発プロフェッショナル集団が、新規事業開発の基礎をインプットしながら、事業計画の作成まで伴走します。
プロジェクトリーダーのメッセージ
「人生100年時代」「AIの台頭」、昨今の「コロナショック」の影響から、VUCA時代に突入していきます。
製品ライフサイクルの短縮化が加速度的に進み、かつて成功を収めたビジネスモデルの転換も迫られています。加えてテクノロジーの進化から、業界の枠を超えてテクノロジー企業が参入してきます。
こんな混沌とした時代を切り開くキーワードは「新規事業開発」です。
新規事業開発とは「自分の頭で考えたことに、自分で顧客を見つけて、自分で商売にする」スキルです。
この新規事業開発プロセスに関わってきた中で、幾度となく人が「覚醒」する瞬間に立ち会ってきました。
この人が「覚醒」し、社内起業家が増えることが、日本企業復活のカギだと確信しています。
この講座には、これまで約2,000件、5,000人の新規事業開発プロセスに携わってきた中で昇華した新規事業開発の実践的なスキルを惜しみなく詰め込みます。
講座を受講し、企業内で新規事業開発を実践する方が一人でも多く生まれれば、それに勝る喜びはありません。
この講座から会社を牽引する新規事業の種が生み出されることを楽しみにしています。
プロジェクトで得られるもの
・新規事業において「何を実現したいか」に向き合うWillの醸成

・新規事業開発プロセスにおける成功の要諦、落とし穴、壁の乗り越え方

・新規事業開発におけるビジネスプラン、事業計画を作成する実践力

・同じ志を持つクラスメイト、プロジェクトリーダーとのネットワーク
「新規事業開発」は、7月7日(火)からスタート。プロジェクトの詳細はこちらをご覧ください。
皆さまからのお申し込み、お待ちしております。
【募集開始】プロジェクト型スクール「NewsPicks NewSchool」が目指すこと