新着Pick
244Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ・ショックは、我々の社会のあらゆる面に、強制力かつ不可逆な変化をもたらし、もはやビフォア・コロナの時代は戻らない。強制的にイノベーションを加速させて未来へとワープさせるというポジティブな側面もある。(もちろんコロナの脅威に際して、かつできたことができないというネガティブな側面もああるが。)

今までは、レガシーの習慣の慣性に引きずられ、イノベーションが進まなかったような領域で、新しい習慣の便利さがレガシーを一気に上書きしてしまう。

社会の変曲点で新しい習慣に最適化し、資金の制約があるが故に骨太で筋肉質なビジネスモデルを構築すれば、アフター・コロナ時代にマクロの景況感や資金が戻ったあかつきには、新たな時代の覇者として大きく飛躍できるだろう。
「攻め」も「守り」も「原則」がわかっていないとだめだってことですよね。「patient for growth, impatient for profit」ずいぶん前のクリステンセン教授の言葉ですが、利益が出るビジネスモデルかどうかわからないのに拡大しても赤字が拡大するだけですから(あたりまえですけど)。
ランサーズでは、「暗闇でジャンプ」をひとつの合言葉にシナリオを磨きこんでいます。ウィズコロナ見えうるダウンサイドのリスクは徹底的に洗い出して最悪の事態を想定しきって「暗闇」の足元を固めたうえで、どれだけアフターコロナのアップサイドをとれるか=「ジャンプ」できるかの仮説を矢継ぎ早に検証しています。

考えてみると、これはいきなりできるものではなく、普段からシナリオを考え抜き、足元の数値を精緻にモニタリングできる経営管理の仕組みと、一方でそこから大局を見渡して機会を見つけてとりにいく経営陣の洞察力や実行力をこれまでにどれだけ磨いてきたかが試されているように思います。あらためて、良い気づきと激励をもらった気分です
タイトルにある通り、危機に立ちすくみ、「守り一辺倒」になるな。共感します。
コロナ禍においてコスト削減と収益性確保を優先する局面ではあるものの、回復局面に備えてリソースを維持しながらの経営が最重要課題。リーマンショックと単純比較はできませんが、回復局面でシェアを獲得した企業の共通点の一つだと思います。
フィンテックのユニコーンとなったところが、ダウンラウンドで資金調達しています。生き残るのに必死という状況。

個人やスモールビジネスの信用リスクも高まっているため、融資をベースにしたモデルは、ニーズは強いが、リスクマネジメントが未熟なため厳しい。

コアな収益源を失いつつあるフィンテックのスタートアップ。本物とコピーキャットの差が明確になるでしょう。
その通りだな、と思う反面、上場市場があっという間に戻ってきてしまったので、どう評価するのか迷ってしまいます
"プライベート(未上場)での資金調達の相場感は、パブリックマーケット(上場株式市場)の影響を大きく受けている"
Whatをブラさず、Howは柔軟に。

Zoom一つとっても、リモート化で「総Zoom状態」になったかと思えば、あっという間に「Zoom疲れ」「Zoom離れ」が起きるまでに、2か月もかかっていない。

環境変化がこれだけ早いと、Howを決め打ちするのは危険だなということを学びました。いくつかのプランを用意し、どっちに転んでも大丈夫なようにしておくしかないですね。

----------------
今回のコロナショックは、社会、生活、働き方、消費のあり方にドラスティックな変化をもたらしています。ただ、根源的な人々のニーズや企業が提供するバリューは、ビフォーでもウィズでもアフターでも、変わらないはずです。
例えば食でいうと、どの段階だろうが、おいしいものを食べたい、食べることをエンジョイしたいというニーズは同じです。
コロナが長引けば、イートインが厳しくなります。デリバリーや通販に対応しなくてはいけないなど、提供の仕方という「HOW」の最適化はあります。
でもニーズは変わらない。だから良質な食をコンテンツとして提供し続けるという「WHAT」まで変える必要はないのです。
だからまずは頭の体操として、ターゲットとするユーザーのニーズや自分たちの提供価値(WHAT)はブレないようにすることが重要です。
ウィズそしてアフターの環境に最適な価値の提供方法(HOW)、すなわちビジネスモデルを、ビフォーの形に引きずられることなく、ゼロベースで理想形を改めて考えるといいでしょう。
記事の内容は、インドの実感にもとてもよく当てはまります。
Jカーブが深い戦略は、とても取りにくくなりました。
スタートアップ投資をやらせて頂いている端くれとして改めて肝に銘じることがたくさんある記事でした。弊社投資先でもDXとリモートサービスを促進するスタートアップはものすごく伸びています。

「時代、時代の外部環境の変化に合わせ、スピードをもって最適化を繰り返し、自分たちでコントロールできることに集中してしっかりやる。そして変化の中にチャンスを見出し、攻めに転じるタイミングをうかがうというのが、スタートアップの経営者にとって大事なのではないでしょうか。」

起業家の端くれとして改めて感じているのはここに尽きる。変化に小手先で対応せず、5年10年単位で考えてビジョンはぶれずに、環境に対応しつつ動いていかなければいけない。
この連載について
もう「コロナ前」には戻れない。新型コロナウイルスによって、世界は一気に変わってしまった。私たちの生活やビジネスは、これからどう変わるのか。気鋭のプロピッカーたちが、テーマごとにコロナ後の世界を予測する。