新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
電池容量はどれくらいだったのだろうか?
全固体電池の開発については、買収したSakti3のマネジメントは上手くいっていたわけではない印象(下記でのMatsunagaさんのコメントと併せて)。トヨタも開発に力を入れているし、電子機器用でもTDKや村田などが進めている。一方で量産への進み方や採用という点では、期待値先行型で遅れがちな印象を持っている。自動車の場合は、安全性・耐久性への要求も強いし、そのためには開発だけでなくテストにも時間がかかる。その観点では一般論として自動車への全固体電池搭載はまだまだ時間がかかると思っている。こういう長期にわたる開発を進めるためにも、資本力や素材含めた基礎化学の研究、また量産のためのプロセス研究、全てが重要。
https://newspicks.com/news/3553313
単なるコンセプトモデル

そしてそのコンセプトはなんら革新的ではない

この程度のUXや内外装はコンセプトモデルなら珍しくない
そして高出力モーターに全固体電池採用、床下バッテリー格納の為SUVフォーマットを採用するあたり、アイデアとして何も新しくない
極めて類型的

なのでこのコンセプトモデルとしては無価値

発表した所で、どう?ボク頑張ったでしょ?と言うだけ
このデザイン、内装を見ると中止が残念に思われるし、だからこそせめてという事でお披露目したのだろう。単純に全個体電池の大型化に失敗したのではなかろうか、技術的にはそこが一番の難関だろう。
タラレバの話をしても、あまり意味がありません。

あのダイソンですら、結局、腰が引けてやめてしまった「EV製造」の何が難しいのか?そこがポイントです。

家電製品と自動車の大きな違いは、「サイズ」と「部品点数」です。

自動車を作るためには「巨大な工場」が必須になり、そのための設備投資の額は、他の産業の工場とは比較にならない規模の巨大さです。

中国のEVベンチャー「NIO」や「BYTON」も工場に大規模な投資をしてキャッシュが大幅に減少したこの時期に新型コロナウィルスが来てしまったので、資金繰りが厳しいと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Ann Mary を辞めさせたのが失敗の原因に違いない、と勝手に思ってます
改めてサイトで現状の製品ラインナップを確認しました。
https://www.dyson.co.jp

コードレス掃除機
ハンディクリーナー・布団クリーナー
キャニスター掃除機
ロボット掃除機
空気清浄機能付扇風機/ファンヒーター
加湿空気清浄機
加湿器
ドライヤー
スタイラー
照明

EV以外にも、いろいろな領域で開発を進めているかもしれません。が、やはり、どこまでのプロダクトの複雑性なら対応できそうか、なんとなく見えてくる、ように感じました。

そこで線を引くのか、それとも複雑なプロダクトに挑戦し続けるのか、今後の意思決定が気になります。
英断できるのが真のヒーロー。『ダイソン氏は、この電気自動車プロジェクトには約5億ポンド(約648億円)もの資金を投じたものの、2019年10月「商業的に実行可能な方法はもはや見当たらない」と従業員に通知し、プロジェクトの廃止を決定しました』
中止と言えば聞こえはいいけど、ようは失敗ってことでしょ。「コンセプトカーのような」ってコンセプトカーそのものでしょうが。何を書いとるんや
全固体電池の商品化に躓いたのかも。いきなり自動車への搭載は難しそうなので、初めはスマホとかの小型電子機器に搭載されると思います。
電池を甘く見たらダメです。
ダイソン (Dyson Limited) は、イギリスに本拠を構える電気機器メーカーである。サイクロン式掃除機を初めて開発・製造した会社として知られる。イギリス・ウィルトシャーのコッツウォルズにある小都市マルムズベリー (Malmesbury) で創業し、本社・研究所などをマルムズベリーに置く。 ウィキペディア