新着Pick
154Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
docomoとしては、資本関係が無くとも、楽天モバイルがサブブランド的な位置にあって欲しかった、という事なのかな。docomo回線に特化してくれれば、他社への流出を抑えられるし。

楽天は価格帯からいって、サブブランドは不要でしょう。

大手3キャリアとは違い、楽天のモバイル事業の原資は楽天市場や金融関連のサービスから得た利益。楽天にとっての優良顧客は、楽天市場や関連する金融うサービスの利用者でしょう。

簡単な事でないのは承知ですが、モバイル事業は時間が解決してくれる部分はある。しかし、楽天市場や金融サービスは。競合の動きも時代の変化も、携帯電話事業とは時間軸が違う。楽天の基本は従来の事業であり、そこが今後も重要なのは変わらないでしょう。モバイル事業の投資額は負担になってますが、楽天市場と金融サービスが成長を続け、競合企業に追随出来ていれば、モバイル事業も結果がついてくる。そんなイメージを持っているのではないか。
KDDI株式会社(ケイディーディーアイ、英:KDDI CORPORATION)は、日本の電気通信事業者。 日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.55 兆円

業績

業績

ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
13.1 兆円

業績

株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ、英語: NTT DOCOMO, INC.)は、携帯電話の無線通信サービスを提供する、日本最大の移動体通信事業者である。日本電信電話株式会社 (NTT) の子会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
9.6 兆円

業績