新着Pick
766Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プロ記者の骨太寄稿記事、ファクトは時系列に見事に編集されているので一読の価値ありです。
一点のみ、この点は私は意見が異なります。

----ここで当たり前の、結論を言ってしまおう。
投資事業を「本業」に育て上げるためには、ビジョンファンド投資を成功させ、その回収資金を2号ファンドに注ぎ込み、3号、4号という循環をつくっていくしかないのだ。-----

投資会社を大雑把に2種類に分けるひとつの軸として第三者のカネを募ってファンド運用という形で行うそれと、自分のカネで投資(BS投資)するそれがあります。
SBGはその混合タイプ。故に多くの専門家から利害相反を指摘されています。

一方で世界を代表するBS型投資会社があります。バークシャーハサウェイとNaspersです。Naspersはアリババと中国市場を二分するテンセントの3割くらいを未だに保有し、世界のテックを買い漁りかつ長期に大きなシェアを保有する投資するスタイルの南ア出身の異色の投資・事業会社です。

故にVファンドを2号3号と続けなくともBS型の道を選ぶという方法はあります。

ファンドとBS投資では、別の産業と言って良いほどPLもBSもCFもビジネスの構造そのものも、全てが違います。

孫さんはヴィジョンファンドを作った時にテクノロジーに特化したバークシャーのようになる、と言及したことを覚えていますが、ファンドによる点で決定的に違います。

現に2号が集まらないので、現在のところは数を絞ってVファンドの活動はBS投資によって行っていると言っています。
私は、シンプルイズベスト、その方が良いのだろうと思っています。もちろん、ファンドをやる最大の理由はレバレッジです。孫さん経営の本質のひとつはそれです。故に簡単には旗を降ろさないでしょう。

上場し、別途借金・社債もしこたま抱え、子会社も孫会社も沢山上場させ、ファンド運用しつつBS投資というコンフリクトも断行し、はたまたファンドそのものを別途上場する事も検討し、その投資先も無論それぞれ上場し、という複雑怪奇な事業体と、シンプルにバークシャやナスパーズとだと、投資家の選好も推して知るべし、その状況でコングロマリットディスカウントを毎回の決算発表のたびに嘆く事には違和感があります。
この春、エリオットグループがソフトバンクGの株式を買いましたことなどをきっかけに、またしても孫社長がMBOを検討議論しているというニュースが報じられました。

いまや戦略的な金融持株会社になったソフトバンクグループにとって、これはある意味では、当然のシナリオではないかーー。特約記者の田端氏による解説レポートです。
「アリババ株があるから大丈夫。今のSBGは大幅ディスカウント状態にある」とおっしゃられるたびに、じゃあ「アリババ株を売却したら?売った分だけディスカウントが解消されて株主にとって最良でしょう」と思います。

結局、株主のことを考えていない”大きな会社を経営したい”というCEOのエゴなのだと思います。昔のダイエーやパナソニックなどの売上高至上主義が、SBGのアセット至上主義に形を変えただけ。
「いろいろと、面倒くさい」(過去の孫社長の発言)

株主資本コストって、ノーベル経済学賞を受賞した崇高な数式
Re=Rf + β(Rm-Rf)
で表現されます。

数式だけ眺めていても、なんだか難しくてよくわかりませんが、簡単な日本語に翻訳すると、要するに「いろいろと、面倒くさい」という意味ですからね。

孫さんのおっしゃっていることはよくわかります。

ま、でも、それを上回るリターンを期待しているから上場の道を選択している企業が日本に約3600社あるわけですね。

さて、SBGがどうするかですよね。
ビジョンファンドとして投資した会社との関係をすべて清算すればスッキリするのではないでしょうか。ビジョンファンドの投資家には契約期間まで確定利回りを払い続け、元本を償還する必要はありますが。

時価総額という幻影に捉われている限り、心休まる日はないでしょう。手持ちのポートフォリオは、当分時価総額は下がることはあっても、上がる事はなさそうです。それはこれまでのように増資を繰り返し時価総額をあげるという資金注入が続けられないからです。

ゼロセットして再起をめざす方が美しい。
「アリババ株の保有価値はわずか3カ月で3兆3000億円も増えたりする(中略)アリババ株が値上がりするだけでビジョンファンドの価値がまるごとチャラになる」が肝。孫さんの投資家としての評価はアリババに続く成功案件を出せるかに掛かってる #ソフトバンク
上場廃止して数字作って再上場して一儲け。
同じような会社が南アフリカにもあります。その名もNaspers. テンセント株(時価総額50兆円前後)の30%超を保有していますazs.
過去にも上場廃止を検討してメーンバンクのみずほ銀行に内々に伝わっていたことがありましたが、今回の本気度はいかに。投資会社が本業であればMBOすべきというのは極めて明快なロジックにも聞こえます。
営業利益だとか、売り上げだとかいうのは、実はもはや関係なく、一言で言えば”忘れていい数字”だ

ほんとにすごいw
こんなこと言ったらはたかれる笑
この連載について
ソフトバンクグループは2019年度、およそ1兆3500億円という巨額赤字に沈む。みずからを金融とテクノロジーの交差点にあると称し、10兆円ファンドを率いた孫正義社長の大きなつまづきの背景を、NewsPicks編集部がレポートする。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
13.1 兆円

業績