新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
『引退後のセカンドキャリアで必要だから、こういうことをしよう』という言い方だと、『別に今やらなくてもいいよね』という捉え方をされることもある。だから、『いかに今、役立つか』というところから入っていくのがいいと思っています」。

これを大学でやりたいな、と思っています。
日本でも引退後の選手のことを取り上げるようになってきました。
20年前に競技引退の概念モデルをもとに競技引退支援について伝え始めた頃は「引退後の人生のことなど選手に考えさせないでくれ」という競技団体がプロアマ含めほとんどでした。

Dual career の考え方によるキャリア構築は、EUが欧州の国々に向けて始めた指針がきっかけで多くの事例があります。

日本でいう「second career」は仕事を見つけるという意味のことだけを指すことが多いですが、選手の場合は仕事を見つけることだけで「セカンドキャリア問題」が解決するわけではありません。
あえてデュアルを考えずに引退まで競技にのみ集中した選手への支援には身体的、心理的、社会的、就業的、経済的の各側面からの支援が必要と言われています。

様々な既存の理論と合わせながら、この記事のような素晴らしい事例が日本でこれからもどんどん出ていくといいなと思います。
セカンドキャリアで履歴書を提出した際、「阪神タイガース」の選手だったことを隠したという奥村武博さん。昨今スポーツ界では「デュアルキャリア」の大切さが説かれていますが、その理由は「今、役に立つ」から。現役中に盲目的に取り組むか、意識的に行うかで人の成長度は大きく異なる。この点が浸透すると、スポーツの価値は劇的に高まると思います。
監査法人を退職して中小企業の経営者と仕事をするようになってから、その中にインターハイやオリンピックに出場したことがある方が意外と多いことに気付きました。スポーツで結果をだした方たちは、目的達成にたいするコミットメントがすばらしく、事業でも成功されている方たちもたくさんいらっしゃいます。
何事も無駄な経験などないので、実業に移られるスポーツマンにもさらに活躍してほしいです。
会計士になったらなったで、英語を駆使してグローバル企業に対応できる能力を身につけるとか、M&Aみたいな特定の分野に強いみたいな、それこそ記事内の言葉をお借りすれば

「野球で言えば、佐々木主浩さんのフォークのようなウイニングショットを身につけないといけない」

というのは一緒です。ただ、元プロ野球選手という肩書きがあるからこそ、お仕事をいただける、強みがある部分もあると思います。

そういう意味では、「活かせる要素はなんでも活かす」、それが個々人の生きる道なんだと思います。
現役の選手たちに届けたい言葉がたくさん‼︎

今の知識、思考で現役時代を過ごしていれば…と
わたしも思うことがよくあります。
当たり前にやっていたこともそれは実はとても貴重なことで
あったのだというのを最近知ったので、それらを深く掘り下げてみて
自分の今後の人生にどう生きていくのかなど考え
メモしておけばよかったなと。。。
そんな後悔をしないためにも現役のみなさんに届いてほしい‼︎
競技だけに邁進してきたアスリートが、その競技を離れざるをえなくなったとき、どう考えるのか。実は、キャリアにこそヒントがある。奥村さんの言葉はさまざまな示唆を与えてくれます。
日本でよく聞く #セカンドキャリア は誤解を生む可能性あり、避けたい言葉。真実は、「We are what we think, say and do」。要するに、私達自身そしてキャリアも、「先天的な遺伝子と後天的な今まで送ってきた人生の結果」にすぎない。

人生もキャリアも、大事なのは「いまこの瞬間を大事に生きる」こと。#本田圭佑 や #長友佑都 などが、多動力で現役中からいろんな分野で輝いているのは、セカンドキャリアうんぬん考えているからではなく、「いまこの瞬間を大切にして生きてきた」から。

It’s never too late!
Live your dreams!
私自身も"異なる業界"での経験が"現在"活きていると感じる。その業界では、極々当たり前のことが、働く世界が少し違うだけで、特異な経験・スキルとなる。他者との差異化、差別化の要因となり得ることも多々あると思う…。様々な実経験を通じて、現在の自分が存在する。何も恥じることはない。それも含めて"自分"なのだと思うことは、非常に重要だ。自身の経験は、自分の財産であり、それをどのように活かすかも自分自身である…。"Connecting the dots"の視点である。意識していないと、気づけないことも多い。故に、定期的に、我を振り返る"reflection"の時間を自分のために敢えて取りたいですね…。
会計士の立場からスポーツを見ている自分としては、とても腹落ちするところの多い内容です。
特に「考えながら」の行動の積み上げがセカンドキャリア問題の解消に繋がる、という発想は正にその通りと感じました。
この連載について
Twitter https://twitter.com/SportsPicks_NP NewsPicks発のスポーツメディア。記事、動画、イベントなどを通して「スポーツの見方をアップデート」していく。長友佑都氏、末續慎吾氏、清宮克幸氏ら豪華連載陣やインタビュー、スポーツの真相に迫る特集を更新していく。