新着Pick
571Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ご多聞に漏れず、アドビ も大規模自社イベントをデジタルへとシフトしています。例えば毎年ラスベガスで3月に行っていたAdobe Summitも、今年は世界中から23,000人を集客する予定でしたが、イベント実施のわずか2週間前に、オンラインイベントに変更しました。
CEOのシャンタヌのキーノートは、彼の自宅で奥様が撮ったもので、誰もスタッフが立ち会わず、撮影は二人だけで行われました。すべて手作りですが、100を超えるセッションのどれもが、内容的に決して手抜きをしていないことはご覧になればお分かりいただけると思います。コンテンツは無料で公開していますので宜しければ是非ご覧ください。

他でも書きましたが、ニューノーマルの世界では、今後こうしたリスク(リアルで予定していたものが突然実施できなくなるリスク)を念頭においた上でイベントなどをフレキシブルにプランをすることが必須となり、そのためのプラットフォームを用意することが重要になってくるのだと思います
オンラインかリアルかの二項対立軸ではなくて、それぞれのイベントの特性に合わせたハイブリッド型を考えていくべきと考えています。
この要素はオンラインで代替か併用、この要素はリアルでの価値を追求してプレミアム化する、など。
リアル再開までの間は、この本質を追求する時期だと捉えて準備を進めています。その近い将来にハイブリッド型を開催するためにも、いまのうちにオンラインイベントを試行錯誤しておく必要があるのですよね。
今年は、あらゆるビジネス、テックのイベントがオンラインになっています。ですが、ただ、これまでのイベントをインターネットで流せばいいわけではない、と皆さん気づいています。新たな価値はどこにあるのか。Quartz(https://qz.com/japan/)によるレポートです。
イベントも、会議も、教育も、ヨーイドンで、オンライン化が進む。
スクリーンを通じた体験になったことで、比較される対象が変わりました。
テレビ番組のつくり方を参照するのは、よいアプローチだと思います。

仕事か、教育か、エンターテインメントか、という区別による意識の変化よりも、向き合うデバイス・場により起きる参加態度の変化の方が大きい。

私自身、今日、あるオンラインイベントで登壇しますが、オンライン用に切り替えられているかどうか、不安もあります。
試しながら、進めていくしかないですね。

「登録出席者の数など、物理的なイベントで使われるKPI(業績評価指数)をデジタルイベントにも応用しようとするが……そんなの変だ」

「名前とメールアドレスを登録すればコンテンツを見られるのと、2000ドルのチケットを買い、オーランドまでの飛行機を予約し、家族から1週間離れてようやくコンテンツを見られるのとでは、アクセスの難易度が全然違う。KPIを成功の基準とするアプローチを見直す必要がある」
「勝ち方」って、誰に勝つのでしょうか?未だに「勝ち組」が好きという感じのタイトルは、昭和感が漂うと感じてしまうのは私だけでしょうか?

未だに日本の読者やNewsPicksコミュニティの方の多くは「勝ち」という言葉が好きなのでしょうか?

前置きは、それくらいにして、正直、今あるものはZOOMに代表されるように「前からあるもので、それほど使っていなかっただけのもの」が大半です。

つまり「ちょっと前のもの」なのです。従って、オンラインイベント業界でバージョンをつけるとしたら「0.8」とか「1.0」的な完成度というのが正直なところでしょう。

今後、VRや、その他の新しい技術やサービスが追加されて、最終的に「3.0」くらいになった時に、今とは全く別物の世界となり、そして、それは、かなり現実を代替できるものになると考えています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
イベントは大きく分けて2つに分類できる。コンテンツそのものを楽しむセミナー型と、コンテンツに加え交流やネットワークを楽しみ目的を遂行するコミュニティ型。前者は、オンラインでも全く問題無い。グロービスのオンラインセミナーは今や毎回1000人超えだ。一方のコミュニティ型、代表例はG1だ。完全招待制でコミュニティを組成し、「日本を良くする」明確なビジョンを持ち、議論して役割分担して行動する。こちらは、オンラインでは限界がある。
大規模カンファレンスのワクワク感を、バーチャルで創出するのはむずかしい。しかし、内容を理解するには、いつでもどこからでも参加できるリモートカンファレンスの方がいい。

舞台演出とスピーカーの知名度だけで売っていたお祭り騒ぎカンファレンスは見直されるでしょうね。やはり内容が大切だと再認識される。
夏前までに顧客と企画していたイベントが複数延期、年明けまでに実施予定です。オンラインへの振替え、少なくとも第二・三波を想定しオンラインでのバックアッププランは必須の状況。研究が必要な分野。。。
まだ「参加」でなく「視聴」なのでどう代替されるか実感わかないが海外カンファレンスが全てなくなり、おもいのほかお金がかかっていたことに気づく


1兆700億ドル(約110兆円):2018年に世界中で開かれた会議系イベントの費用合計
1294ドル(約14万円):新型コロナの流行前、会議系イベントに参加するための1人当たり平均コスト
多くの人がリアルとオンラインの違いについて考えている中で、大変示唆深い内容。個人的にオンラインならではのキーワードだと思っているのは・・・

・オーディエンス参加型の仕組み。スピーカーとオーディエンスという構図をあえて崩しにいく

・お互いの表情が実はよく見えるので微妙な反応をキャッチできる。リアルだと、そんなにまじまじ見れないですよね笑

・自宅の安心感

・食事やお酒を主催者側で用意する必要がない

といったあたりです。
この連載について
次世代のビジネスリーダーのためのグローバルメディア「Quartz」から厳選した記事をNewsPicks編集部がお届け。
IBM(アイビーエム、正式社名: International Business Machines Corporation)は、民間法人や公的機関を対象とするコンピュータ関連製品およびサービスを提供する企業である。本社はアメリカ合衆国ニューヨーク州アーモンクに所在する。世界170カ国以上で事業を展開している。 ウィキペディア
時価総額
12.2 兆円

業績