新着Pick
71Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
もっともらしい表現をたくさん散りばせながら、結局のところ、やや筋の悪い主張です。

まず、事実に対する認識が正しくない。マスクを日本国内で作れと言っても、次回起こる感染症がどのようなカタチで感染するか、誰も予期できません。様々な感染症の歴史に一度目を通してみればいいですが、すべての感染症がマスクで予防できるわけではない。

二つ目、これだけ中国依存と言いながら、マスクの国内供給はすでに回復しつつあります。しかも100%純国産ではありません。日本はまだ花粉症のことがあったのでマシですが、戦略備蓄さえできていれば、何とかなったレベルです。僕自身、人が多いところだけマスクを(エチケットとして)使い、あとは除菌アルコールをかけて今日まで保たせました。売り手の中国も、いつまでもマスクばかりを抱えているわけにはいきませんので、放出が始まっています。

三つ目、新型コロナをとてつもなく恐ろしいものとして表現していますが、今回のレベルであれば(色々な方の努力で)対処方法が見えてきました。対処が混乱した国ほど死者が増えています(日本は冷静さを保ちました)。日常の新たなルールが決められたり、グローバル化にともなう感染症専門病院の設置もありえるでしょう。僕は逆に、科学的なグローバル連携がこれだけ進んだがゆえに、恐ろしい感染症がまもなく抑制されつつあると、感嘆しています。

鎖国に戻ると、アホなことを言う輩がいますが、本稿でも示されているようにグローバル化は止まらないし、止めてはいけない。経済科学の相互依存は、戦争をなくす唯一の手段でもあるからです。
ポストコロナの世界で何が起きるか、鈴木一人先生の論考です。
これからのグローバル社会の絵姿はまだ見通せませんが、少なくとも、人もモノも自由に国境を越えて行き来し、労働力は賃金が高い国に移動し、生産は人件費が安い国に移り…というこれまで当たり前ととらえられていた姿は何らかの修正を迫られるということは言えそうです。メイド・イン・チャイナへの依存も、日本の移民政策(政府は移民とは呼びませんが、実質的に移民政策です)も、再考が必要になるでしょう。
中国では電気自動車メーカーのBYDをはじめ、多くの企業がマスク製造を開始。1日2億枚以上の生産体制が構築されています。ただ輸出先から品質に対する指摘が入ったこともあり、中国国内から輸出する際の品質管理に対するハードルが上げられました。世界的にはマスク不足が続いている国もあり、需給バランスの落としどころが模索されます。
食糧安全保障に加えて医療安全保障の概念が出てきますよね。
OECDで食料自給率が50%未満は日本ぐらいで、イギリスは数十年前50%を切り、慌てて自給率向上の政策に切り替えています。
 とにかく今は、コロナが終息しない限り、マスクだけでなく、すべての医療物資がさらに足りなくなることは明白です。
 先日、MPRのニュースでコロナの検査に必要なスワブ、長い綿棒が足りないので、米政府はその供給に全力をあげると言っていました。
 何もかも足りない今は、国内供給を探るしかありません。
 よほどのワクチンができない限り、できたとしても再度、コロナのような感染症が起きると仮定することになるので、医療物質は経済の論理に安全保障の概念を加えることになるのかと思います。
マスクに限れば、中国依存はなくなるでしょう。

問題は、これまでの「グローバルな最適化」が、「自国経済圏内での最適化」にシフトする動きです。

当然ですが、これまでに比べると、効率は低下するので、それが許容できる範囲内で収まるか否かですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
マスクだけの問題ではない。