新着Pick
339Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2009年のNetflix Culture Deck然り、この本然り。なるほどなと思います。
あまり語られませんがNetflixでは「カルチャー的にフィットしない」、「能力が不十分」、「スキルセットが必要でなくなった」場合にはどんどん解雇されます。人材の戦略的な入れ替えを行い、創業時からビジネスモデルを柔軟に変化させて成長してきたNetflix。よく言われる「2:8の法則」は、Netflixには存在しないのだと思います。優れた企業文化と同時に、そうした緊張感が成長をもたらしているのでしょう。
マークさんの、おっしゃるとおりですね。これができれば、リモートだろうが、なんだろうが大丈夫です。

但し、条件があって、それは「人間的にも能力的にも十分レベルが高い社員のみしか採用しない」ということでしょう。

つまり「信頼できない人は採用しない」ということが最重要です。

NetflixのHRを担当していた人の話も、とてもおもしろいですよ。

(以下、記事中から引用)
「社員を子供扱いすれば、会社は社員に嫌われるのだ」
「人は、解決すべき問題を解決するための“裁量”を求めている」

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
>人は、解決すべき問題を解決するための“裁量”を求めている
本当にそうですね、
よくある失敗事例は、上司が部下のこの仕事は任せると口では言っているものの、細かく進捗報告させたり、細かい指示を繰り返すケース。
結局口だけ任せると言っても、結局意思決定権を渡さない、裁量権を与えないと、部下は上司の承認をもらうことが目的になってしまって、ほぼほぼそのプロジェクトは失敗する。

一方で完全に信頼して任せられる人材が獲得できない、という悩みもスタートアップでは定番。

この辺のバランスが本当に難しいですよね。
企業文化は、自然には形成されないし、企業文化をいかに形成するかは、極めて重要な経営課題だと、私は思います。

企業文化は、 従業員相互が「わたし」と「あなた」というフラットな関係で、目前の事象やものごとを、同じ目線で観て、価値観を共有し合うこと、そしてこのことの飽くなき反復により、「それを善し」とする文化が創られていくと、私は考えいます。

出色の企業文化は、「ここで働きたい」「この会社はこうあるべき」という、志ある人財をその企業に引き付けます。また、価値観を共有できない人を、良い意味で、企業から遠ざけていくでしょう。

企業文化とは、ことのほか大事なものなのです。
自由と責任は、表裏一体であることが前提で、一人ひとりをEMPOWERして成長して来たと言える。ある意味、厳し過ぎる環境であると言えるが、個々人にとって"修羅場"経験になっているとすれば、"成長実感"を肌で感じる良い機会となっていると思う…。進むべき方向を具体的に明示し、やるべきことを現場に求める姿勢は、見習うべきだと思う。数字だけの事業計画では、人は魅了されない…。"こうなりたいんだ!"という明確なPURPOSEが必要だと思う。
I totally agree.
私への期待とミッションをそれぞれ一文いただければ、想像以上の成果で答える自信があります。
ただ、すべての社員がそうではないのも事実なので現職に関しては致し方ない・・・。

こういう発言をすると「淡泊」とか「生意気」とか「外国かぶれ」とか思われるかもしれませんが 、もう社会人を25年間やってきて言ってみれば「プロフェッショナル会社員」なので。
目標はしっかりと立てて、それを達成する手段は自由にするというのがポイントかなと思いました。

何でも自由にするのは組織の中では逆に機能しなくなる部分もあると思うので、うまくバランスしながら自由に働けていると感じる事ができる文化が大事だなと思います。
人気のNetflixの組織論。当たり前のことを当たり前に行動するのが難しいなと思います。もしリーダーの立場で悩んでおられる方がおられたら読んでみてもいいかもしれないです!


Netflixの組織論はこちらの記事もご参考ください!
【完全版】Netflix、最強の人事戦略「7つの原則」
(NewsPicks編集部、2019年12月21日)
https://newspicks.com/news/4480084
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
25.3 兆円

業績