新着Pick
125Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
検査前確立の低い無症状の集団にPCR検査を行うのは偽陰性・偽陽性が増えるため非効率的である点や、検査のキャパシティが有限である点から、記事で書かれているように意味がないどころか、デメリットの方が大きいと思います。

「PCR検査による陰性証明はできない」というメッセージを医療者側が発信していかなければいけない中で、こういった判断をしたことは非常に残念です。大学病院側から、このような決断に至った経緯を聞きたいところです。
スクリーニングとしてのPCR検査のデメリット、陰性証明にはならないこと(その日の陰性確認にはなっても、明日陽性になるかもしれない)などが、
医者であっても全体の総意となっていないことは反省せねばですし、

検査検査というワイドショーに負けず、一般の方にも上記を理解して頂けるよう発信したいところ、
医大がこのような方針をだしてしまったことは残念です。

とはいえ、医大生に教える先生方は普段病院で診療に従事されてらっしゃるので、院内感染を防ごうという目的なのだと思いますが、
全例検査ではなく、全学生に対して、院内感染予防の観点からも普段の生活から感染予防(新しい生活様式)を徹底するように指導するのが合理的ではないかと。
そこまで規制できないという意見もあるかもしれませんが、病院に出入りしうる医学部生としては守るべきことかと思いますし。
記事の内容の通りです。記事で紹介されている学生さんはよく理解できているようですが、一方で全ての学生さんが同じように理解できているわけではないかもしれません。

社会的学習理論としても、将来の有望な医療者たちに広く誤ったメッセージが広がってしまう恐れがあり、教育的側面からもまずい対応だと思います。
新型コロナ第2、第3の感染症の現れですね。管理者層の不安によるものがベースにあると思われます。対処法は俯瞰的に科学的に冷静になる事です。記事の学生さんはしっかり対応できてますね。

第2、第3の感染症については下記から勉強できます。

http://www.jrc.or.jp/activity/saigai/news/pdf/新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応する職員のためのサポートガイド.pdf
今だからこそ言えますが、3月の若い医師、学生の“傍若無人ぶり”については耳に入っていました。ニュースになったのは氷山の一角でしょう。

一方、元々、私立大学病院の経営は厳しいものがありました。東京女子医大も例外ではありません。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/52157

このコロナ禍で一般患者数は減っています。さらに、患者サイドからの病院の選別も始まっています。つまり、外来で、“先生や看護師は信じるけれど、後ろに臨床実習で立っている学生は大丈夫ですか?”という患者の質問に“儀式的にせよ”しっかりと対応できなければ、他の病院に行ってしまいます。

東京女子医大のように優秀な医師が多い施設が、この記事の検査の問題点が分からないはずがありません。しかし、さりとて何らかの手をうたないとやっていけない。これは東京女子医大だけの問題ではないだろうと思います。つくづく、医療界もますます辛い局面になってきたなあ…と。
ズブの素人の素朴な疑問ですが、どう考えれば良いのでしょう (・・?
(1)学校にしても事務所にしても、開くということが既に決まっているなら、陰性を証明することにならなくても、陽性、偽陽性を含めリスクのあるものを排除することで、何もせず全員を受け入れるより感染リスクを減らせるのではないか。
(2)先進諸国が出口に向けて検査能力を一所懸命に高める中で、我が国だけはPCR検査を増やすのはマイナスだという声が大きそう。してみると、我が国以外の専門家はみな真理を理解しない無知蒙昧な人たちだということか。我が国の考え方の方が特殊ということはないのかな。
PCR検査は陰性の証明にはならない、偽陰性で安心させたら感染を広げることになる、検査で生まれた偽陽性者が押しかけたら医療機関が混乱する、といった説明はそのまま理解するけれど、だからこそ経済活動の再開に備えて各国はPCR検査の拡充と人工呼吸器その他の調達や人員確保といった医療体制の整備に必死になって取り組んでいるというのもまた理解できるところです。
絶対的な安全を確認するまで授業を再開するなというなら話は別ですが、再開すると決めたなら、検査して極力リスク要因を減らす方が何もしないより安全に思えます。無知蒙昧という訳でないだろう東京女子医大の先生方が「儀式としてのPCR検査」をするとは思えません。素朴な疑問であるけれど、そんなこんなでなんだか腑に落ちないんです。素人の腹にストンと落ちるよう、誰かスッキリ説明してくれないかなぁ・・・
検査についてのリテラシーがもっと上がりますように。
【医師が回答】抗原検査キットが承認。PCR検査、抗体検査との違いとは?
https://mi-mollet.com/articles/-/23485
こうゆうのでわかると思うけど医師は医師であって、政治や経営のプロではないので、医師の意見は参考にしながら、自らのリスクで一歩を踏み出すことが大事です。僕が理事長だったら賛否両論あるとわかった上で、若者は死亡率が低いのでソーシャルディスタンスや三密を徹底した上で授業を再開します、と言います。
多くの医師がpickしていますが、本当に信じられない対応です。

尚更、学長・医学部長はじめ連名の公式文章に「陰性であることの確認を」と書いてあるので、もうどう言い逃れもできません。
「登校や出社のための陰性証明を医療機関に要請するのはやめましょう」と言っている中、日本で最高峰クラスの医療を提供している(と考えられる)大学病院がこれでは示しがつきません。
もしこれが現場の医療者対象ならまだ理解できます。医療現場に現時点でいない学生対象が先というのは理解に苦しみます。

学生ならびに学内からも多くの反対意見が出ているようで、女子医大は自校の名誉の為にも、意思決定プロセスを明らかにするべきでしょう。
院内感染管理部門も含んだ意思決定がこれだとすれば、「感染症対策についてはなっていない大学」と言わざるを得ませんし、感染管理部門の提言を無視した上層部も決定であれば、院内の意思決定ルートを見直すべきでしょう。
色々な可能性を考えましたが、検査をする事による東京女子医大さんのデメリットが幾分か多いような気がしますし、なぜこのタイミングなのか知りたいです。

学校としても、様々検討を行なった上での今回の対応となるのでしょうけれども、「やらないよりもやってみるPCR検査」では、何の根拠も無く判定率の確実性も少ないですし、かえってクラスターとなってしまう可能性さえ含んでいます。
しかも検査費用が結局、学生の積立から捻出される…どうなってるんでしょうか。