新着Pick
144Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
"会えない"、"見えない"という状況が、今までのコミュニケーションの"当たり前"を見直す機会に繋がっていると思う。お互いに相手のことを想い、どうしたら良好な関係を維持出来るか…を真剣に考え、様々な試行を実践している結果だと思う。技術革新により、デジタルコミュニケーションツールは普及しつつある。それらをどのように使い熟すかが課題である。自身達ならではの"心地良い"コミュニケーションスタイルを試行を通じた"実践知"の下、UPDATEしていきたいですね。
生産性で気を付けないといけないのは、自分自身は黙々と作業できて集中できたかもしれないが、それは他の人からのコミュニケーションの機会が減ったということで、組織全体での生産性が下がっている可能性はある。
リモートワークで生産性が上がる人と下がる人がいて、上がる人の方が多ければ、通勤手当も広いオフィスもいらないのだから、一気にリモートワーク中心になるでしょうね。オフィスでの生産性が高くてリモートワーク不適者から逆の人たちに人材の評価も変化していく可能性があります。どちらのタイプが多いか、生産性向上の程度がどの程度かにもよりますが。
業種、職種、性格など、いろいろな外部要因と内部要因があるので、十把一絡げでの表現は避けるべきだと思いますが、この記事は、ある程度の分類のもとに書かれていることが良いですね。

リモートワークが向いている部分で使うのはよいですが、そうでないところに無理に適用すると、かえって生産性は低下します。

そして、その逆も、また然りです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
遠隔勤務の自己評価が高いのはコロナ後もリモートが維持される大事な材料。コロナ後にリモートとリアルをどういう混ぜ合わせの職場にするか、その実装期に入っています。
Salesforce Researchのデータ。これを読むと、リモートワークで働く人たちの課題がわかりやすいです。逆にいうと、慣れないリモートワークでリーダーが求められるものもわかりやすいです。