新着Pick

マスク生産世界最多「中国BYD」返金騒動の真因

東洋経済オンライン
2月にマスク生産に参入した中国・EVメーカーのBYD。今では世界最大のマスクメーカーに。(写真:BYDのwebサイトより)マスクの価格や需給はもはや全人類の関心ごととなっているが、世界最大のマスクメーカー「BYD…
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
中米貿易戦争の中で翻弄されたBYD。
アメリカはたとえコロナ感染が拡大してでも中国への不信感を少しも薄まない。
正義も誠意もアメリカからは何も得られない。
全くの畑違いのBYDの「各部署が一気に動き、1カ月足らずで深圳市政府から製造承認を得て、生産ラインを100本整え」、マスクという単価の安いものでカリフォルニア州から「10億ドル(約1072億円)」という巨額の注文を受け、しかも「今は残業してマスクを作っており、カリフォルニア州の件は事業への影響は大きくない」とコメントする規模感。
シャープさんなどが頑張ってくれてはいるけれど、我が国で同じことをやるのは難しそう。ウイルスの発生源とも言われる中国だけに癪に障らないでもないけれど、キャンセルの経緯はさて置いて、このスピード感と規模感は侮れない・・・ (・・;
この記事で注視すべきは
そもそも相手国の認証に拠らない製品が輸出されていることと、中国が最もこのコロナ危機に聡く素早く、大胆にビジネスに動けた国と言うことだと思います。

中米の確執のせいなのか、そもそもの品質問題かはこの記事からは分かりません。ただ、大統領令があったわけでもないので、後者だと私は思います。アメリカは法令なしに不合理な決定は行えませんから。中国内でも輸出する際は中国内や輸出国の法律に適合することを法制化しています。しかしECや個別取引など、網目を抜けてそうでない製品が多く輸出されていることも起きています。
スミマセン、マスクのことは、このとおりかもしれませんが、BYDの本業の話に関しては、大きな違和感を覚えます。

大連にみえたことはあるかもしれませんが、深圳にあるBYDのことは、どこまでご存知なのか…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
BYDの株価低迷の理由が良く分かりました。