新着Pick
857Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
リモートワーク全盛期、以下の2つの観点で差が大きく広がりそうな予感。
①各企業の「DX力」
→変化に合わせて自社に合ったツールを導入しインフラを整えられるか
②各人のツール「使いこなし力」
→新しいツールを今の仕事に柔軟に適応させていけるか
人気 Picker
コロナによって世界で働き方が大きく変わっている中、リモートワークツールの利用も激増しています。

以前に取材したスタートアップに、GitLabというユニコーン企業があります。ここは全社員が世界からリモートワークで働いています。アメリカのど真ん中にRVで乗り付けて、そこから仕事をしたり、世界を回りながら仕事をするエンジニアたちもいました。彼らの話の中で興味深かった一つは、リモートワークを成功させる方法一つは、完全にリモートにするのかしないのかを選ぶべきということでした。

本社を持つと、結局リモートワークする人とそうでない人の間に差が生まれる。半分以上が本社で働くのであればうまく機能しないという仮説でした。果たしてその仮説は正しいのか、世界中で大きな実験が行われているなと感じます。

GitLab:オフィスゼロでも1000人企業が成長する理由
https://newspicks.com/news/4333789?ref=user_1799394

また、これから新興勢力に加わってくるかもしれないWatch企業もいくつかリストします。
■Fibery ■Ayoa(アヨーア)■Remo(レモ)■Claritask(クラリタスク)
■Grain(グレイン)■Loop Team(ループチーム)■Taskade(タスケード)
■hive(ハイブ)
asanaか。「社内メールを使わずにチームワークを実現」20年4月時点で、195か国に65,000人以上の有料会員と数百万人の無料会員を抱えているとのこと。個人的にまず使ってみます。
Teamsを使っていますが、リモートワークになって、Eメールの役割(Outlookを使っています)を考え直してます。Teamsは社内コミュニケーションツールとしての利用頻度が一気に上がったので、Eメールは社外のお客様とのコミュニケーションツールに特化させるか、と言うと、そうは問屋が卸さないというか…。お客様からきたメールを引用しながら社内メンバーで議論する場面では、結局Eメールを社内に転送して話を進めることも頻発しています。過去の議論を検索する先が複数に跨がるのは面倒ですね。近々、異なるツール内の発言を一括検索できるとか、インターフェースを統合しているなどの新たなツールが出てくるんじゃないかと思っています。
Z世代の獲得や通勤費/オフィス賃貸費などの削減だけにとどまらず、コラボツールを駆使した新しい働き方はアプローチできるタレントプールを飛躍的に広げると思います。リモートが選択肢として当たり前になれば、従業員の勤務地も日本に限らなくて良い。世界中に拠点を持て、最も優秀な人材にアプローチできます。
ポストコロナはリモートを働き方の選択肢としていつでも利用できる状態にし、その分一人当たりのオフィス専有面積を広くして装飾も施し、素晴らしい環境に仕立て上げられるのではないかと思ってます。
プロジェクト管理の領域もAsana, Monday.com, Wrikeをはじめ、数多くのツールが登場しつつあります。リモートワークへのシフトという追い風もありますが、記事の最後に挙げられている「価格競争力の低下」は課題になってくるものと思います。USではSales Tech、特にSales Enablement系のツールが顧客の価格プレッシャーに晒されています。この中で紹介されているツール群ではビデオ会議系は業務インフラとしてみなされると思いますが、プロジェクト管理系はその効果を定量的に測りづらいのでNice to Haveにカテゴリされるケースが多いのではないかと思います。その中でどこが勝ち残るか注目しています。
リモートワークというのが成長ドライバーになっているのは間違いないですが、ビデオ通話以外のサービスは、通常のオフィス勤務をしている会社でも普通に需要があるサービスかと思います。

例えば、Slackのメリットは、以下があります。

・オフィス内で移動しないと質問出来ないのをデスクにいながら気軽にチャットで質問出来る
・1vs1じゃなく、1vs複数、複数vs複数のコミュニケーションが気軽に出来る
・会話を検索出来るようになる(いちいち覚えておかなくてよい)

ただし、今後起こってくる問題としては以下が想定されます。

・ツールの大増殖によって何の情報がどこにあるのか分からなくなる
・ツール間の連携の面倒くささがペインポイントになる
・企業情報が様々なツール上で共有されることで、情報漏洩の窓口が増える

ちなみに、リモートワーク文脈での課題としては、従業員のエンゲージメント・モチベーション管理が難しくなるので、それを解消するサービスも出てくるはずです。

https://techcrunch.com/2019/08/20/tandem/
ZoomやTeams、たまにWebexを使っていますが、音質と画質が悪い。マイクを消しておかなければハウリングを起こすので、会話がスムーズにいかない。

そんな悩みを持っていたのですが、Lifesizeは使えるかな?帯域に合わせて画質を向上でき、高音質な音声が得られるという解説。調べてみよう、と思います。が、多分みんな考えていることなので、いずれどれも改善されるのでしょうね。
他誌の記事ですが、こちらも、とてもよくまとめられています。

Zoomだけじゃない!シリコンバレー発リモートワークツール7選
https://techblitz.com/remote-work-tools/

やはり、既に有名なものを除けば、イチオシは「asana」でしょうかね。

これは、プロジェクト管理から、家族内での使用まで、本当にフレキシブルに使えるよいツールです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
8年前からASANAはプロジェクトを進める際に使っていました。最近使っていなかったのですがすごく進化していてびっくり!スマホで簡単に使えるのもいいですよね。
PCをガッツリ使う仕事でなければアプリだけで在宅勤務出来てしまう日も遠くないかもですね。
知らないサービスもあり、勉強になりました。勝者の戦い方をしてくる大企業(GAFA)と敗者のゲームをするスタートアップがいかに戦っていくか、非常に興味深いし、勉強になると思う。
この連載について
ビジネスの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート