新着Pick
273Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
正確に言えば、米国製の製造装置とソフトウェアのデザインを使用したものを規制の対象に追加するダイレクト・プロダクト・ルールをファーウェイにも適用するもの。

ほとんど全ての半導体製造のラインはアプライドマテリアル社などの米国製の製造装置を使わざるを得ないので、これは効く。

TSMC、サムスンなどに部材を供給している日本企業にも当然影響が大きい。経営者はアンテナを高くしておく必要がある。
端的には、Qualcomm・Broadcom・Skyworks積むなということ。あとARMも買収した米国部分が引っかかっていた(下記)が、ARMのIPベースチップだとHiSIliconダメなのではないか?
https://newspicks.com/news/3915277

みなさまコメントされている装置とTSMCが気になる。
中国はスマホ市場として極めて大きくHuaweiのシェアは高い。だから、TSMCにとってHuawei(HiSilicon)や、Huaweiに搭載されている各種チップは極めて大きい商売。
装置だとAMATやLAM、KLA Tencoreあたりが大きい。もちろんTELなどのシェアが高い装置もあるが、米国製装置を一個も使わない最先端プロセスの工場なんてないと思う。
https://newspicks.com/news/4905291
米国は企業の今現在の利益を考えながらファーウェイを制裁するか、緩和するに迷う。
最終的に制裁を強めていくだろう。
やはり日本は一貫性があり、ファーウェイ排除を決めてから一度も動揺なく徹底的に排除している。
ただし、日本は排除をするが、国内企業を支援して5Gでの研究開発、応用を強める気配はあまりしない。
今までのコメントにも書いたが、やはりNEC、富士通などの企業に対しては数兆円の支援をすべきだろうと思う。
ハイテク分野の覇権を懸けた“貿易戦争”の緒戦がいよいよ行き着くところまで行き着く感がありますが、時価総額世界第3位、米国第2位で世界に冠たるGAFAの一角、アップルを眺めると、サプライヤーの国籍に占める中国の割合は約2割に過ぎないが、その半分は中国の工場で生産していると聞き及びます。今の段階で半導体の輸出を止めればファーウェイに大きな打撃になるのは間違いないでしょうが、生産レベルでこれだけ分厚い部品供給網を押さえるに至った中国を外して米国の経済がどこまで成り立つものか。
本当に半導体の輸入が止まったら、大きな国内マーケットを持つ中国は、どんな手段を使ってでも国産化に拍車をかけるに違いない。あまりに事が大きすぎて双方への影響は読み切れないけれど、大変なことになって来たことだけは間違いなさそうな・・・ 米国のことですから当然緻密に分析したうえのことでしょうけれど (@_@;ウーン
うわさされていたものとはいえ、厳しい措置が来ました。この制裁の回避策は難しく、ファーウェイは正念場ですね


米商務省は15日、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)に対する事実上の禁輸措置を強化すると発表した。外国で製造した半導体でも米国製の製造装置を使っていればファーウェイに輸出できなくなる。日本を含む半導体メーカーの製品輸出が難しくなり、ファーウェイの経営には大きな打撃となる
みなし輸出規制が、厳密に禁止行為になるということであり、この措置が米国の主流になって、その対象を拡大していくなら、中国は孤立する。中国は一帯一路関連の諸国との経済圏でしか活動できなくなる。つまり、米国は中国を経済圏から締め出す一歩に動いたということであり、この意義は大きい。もちろん現状ではファーウエイ等に限られており、旧ソ連に対するCOCOM規制を連想するのは時期尚早だが、中国にとっては相当のプレッシャーとなるだろう。折しも中国では、最近は「新インフラ」というキーワードで、5GやAI部門の投資を強化し、コロナで落ち込んだ景気を刺激するだけでなく、この分野で圧倒的な優位に立つ戦略を全面に出している。この動きも、米国を刺激するものであり、今回の措置に繋がったのかもしれない。こうしたなか、中国では全人代が22日に開催される。2019年は中国には酷い1年であったが、今年はより厳しいものになりそうだ。
コロナの混乱より、アメリカ対中国のインパクトの方が経済影響が大きくなりつつあるかもしれません。
トランプ大統領は選挙に向けて動きを見せてくると思うが、中国がどう取り合うか。

尖閣諸島に米軍は基地を作りたい、なんていうニュースも今朝はありました。

文字通り間に挟まれている日本はたまったもんではありません。
Huaweiの圧倒的な強さを少しずつ削ぎ落としていく、トランプ政権はじわじわと攻め込んでいく強かな戦略。ただHiSiliconのチップセットがARMベースでなくなると、逆にすごい進化を遂げる可能性もある。
中国企業一般への制裁ではなく、
ファーウェイだけを標的とした制裁。
抜け道はありそうだが、しかし、
ファーウェイに部品を提供している全ての会社の経営にかなり影響しそうだ。

注視すべ期は、中国政府は、ファーウェイのサプライチェーン維持のために、
何ができるか/するか。

まずは中国は対抗処置をとるようだが、その結果米国と中国のブロック経済化が進むことになり、
グローバル経済への影響はますます大きくなる。

「外国で製造した半導体でも米国製の製造装置を使っていればファーウェイに輸出できなくなる。」
さらに本格的なファーウェィ制裁