新着Pick
319Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
10~20年前の議論を聞いているようです。

「トヨタファイナンスは銀行借入より低いゼロ金利で調達している」
→そもそもトヨタの方が格付けが高いわけだから当然でしょ

「仲介業者は不要になる」
→30年前に「商社冬の時代」と言われ仲介業者は絶滅すると言われていましたね。

「銀行はクラウンドファンディングと競わなければならない」
→そもそも資金規模が違うし、情報の非対称性に係る議論もされていない

「銀行員はシステムがわからない」
→40年来の持病のようなもの。この議論は食傷気味。同意はするが。

「優秀な人材は規制で守られた超過利潤で雇われてきた」
→80~90年代前半はそのロジックは利いたが、今となって・・・
「銀行にはシステム補修要員だけいればいい」とは極端ですが、大改革は必要。まだ業務収益の3分の2は預貸、つまり、お金を右から左に移す業務です。そこには銀行という信用が大切とも言われていましたが、フィンテック業者でもう充分。

一方、コロナ禍もあり、困った時にお金の相談に乗る人々は圧倒的に不足しているということ。こうした、儲からなくても必要な仕事に人員をシフトし、一部上場企業の見栄やプライドは見直す時なのでは…と思います。
世界、特に欧米で、極論すれば単なる金貸しであるコマーシャルバンクの行員のステータスがこんなに高いのは日本だけでしょう。戦後の高度成長期の資金不足にあたって銀行が企業に対して圧倒的な優越的地位を築いてしまった名残です。そして公益性ゆえに陰に陽に政府の支援を受けている。レガシー型のシステムやたくさんの支店、それを支えている高い人件費を全て顧客に付け替える大甘な総括原価方式も、低金利とフィンテックの台頭で漸く限界にきたが、まだまだ甘い。

それに比べてPE、IBの社会的ステータスが低くていつまで経っても間接金融と預金が中心の日本ゆえに企業のガバナンスが効かず成長もしない。

行員諸君、基礎的なトレーニングを積んだら是非、違う立場から企業金融に取り組んでみて欲しい。
メガバンクは海外での収益が大きなウェイトを占め、半分近くになっている銀行があるので海外業務に注目したいです。
付加価値を付けられる点は海外ネットワークや海外の顧客でもあります。
例えばプロジェクトファイナンスという業務がありますが、近年メガバンクはトップの座を取り続けています。
クラウドファンディングって…いやぁ調達出来る金額の桁が3つも4つも違うんだけどな。そもそもdisruptするprofit poolがないところにイノベーション起こしても上手く行きません。なので日本でフィンテックで成功出来るのはフィーが高くて高コスト体質の生命保険かアセットマネジメントあたりじゃないか。まぁここら辺は相当な規模にならないとペイしないけどね。邦銀がやっている預貸事業はほとんど儲かりませんで。
エリート銀行員って、今でもいるんですかね…

そもそも、世界に通じるエリートと呼べるほどの人材が日本の金融業界にどれくらいいるんだろう?
30年前の日本人がこの記事を読んだらどう思うだろうか?
ジャパンアズナンバー1でこの世の春を謳歌していた時代。
勿論あの時代に戻る事はできないし、する必要はない。

2020年。コロナ禍でルールチェンジが起きた。
とにかく我々は生き残らなければならない。
優秀なエリート銀行員であれは、メガバンク以外でも活躍できるでしょう。
銀行をはじめとする各種金融機関の従来型事業モデルが転換期にあることは間違いないですが、それら金融機関やそこで働く専門人材の提供付加価値に対する需要がなくなるとは考えていません。
ただ、今後の新たな金融事業モデルにおいては、対法人であれ、対個人であれ、AI等の情報技術を活用した情報処理に基づく付加価値はコモディティに過ぎず、「コンサルティング」のような各顧客に応じたソリューション最適化・提案を通じた付加価値創出が重要になるという意味において、自らを変えられない金融機関や専門人材が不要になるという未来図はその通りかと思います。
エリート銀行員…
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(みつびしユーエフジェイフィナンシャルグループ、英語: Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.、略称: MUFG)は、日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
5.77 兆円

業績