新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
そもそもの五輪の収益構造と比較して、今回の860億円というのが妥当か否かは検証の必要があると思います。この交渉は非常に重要です。世界的な感染流行によって延期となったわけですから、開催国としての負担ばかりが増えるのは疑問です。
一方で開催国としては、更なるコスト効率化を目指すことはもちろんですが、それでも間に合わない費用については、新たなマーケティング開発を行い、新たなスポンサーの受け入れをするなど、まずは税金以外の収入方法を講じるべきだと思います。
延長費用は6000億円を超えるとみられているようですが…

『独統計調査会社スタティスタは東京2020大会延期に伴う追加費用を約6400億円と試算した。スポーツ団体の準備費用3900億円、競技施設の維持・管理費225億円、広告費等100億円だ。同社の試算は、観光や建設工事などの期待された経済効果約2180億円も含んでおり、これを除く実費ベースでは約4200億円となる。』
(文春オンライン)
費用負担は半々が妥当なのではないかと思います。
今回の新型コロナウイルスの蔓延は日本だけの責任ではないことは明らか。(国内の防疫は自国の責任としても)

今後高額な開催費用が続くようであれば、立候補する国・都市も減ることが想定されますし、会期も夏場になることで気候の面でも選手は開催国に負担がかかると思います。

新型コロナウイルスの関係で日常生活のあり方が変わろうとしている中で、オリンピックも商業化した現在のオリンピックのあり方も変化する必要があります。
来年の開催も危ぶまれるとの意見もありますが、今の流れならいけそうですかね。諸外国によって状況が異なるのでスポーツ全般で見るとコロナ影響が残りそうですが。。
選手のコンディションからして、高記録は望めそうにありませんが、今回のオリンピックこそ「開催すること」「参加すること」に意義があると思います。