新着Pick
206Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
つくる、何かを始めることは、実は簡単なこと。むしろ事業をたたむ、きちんと終わらせることのほうがよほど難しい。
これは、経営者として、①いかにスピーディーにその判断を行えるか ②その判断を社員に腹落ちさせられるか を常に実感していますので、共感です。
三井物産社長の安永竜夫氏は、「広報からよく『結果は気にするな、積極的にチャレンジせよ。あとの責任は俺が持つ』と若い人に向けて伝えてください」と言われるが、そんなこと絶対に言わない。言うわけがない」と突き放します。その真意とは?
--
現在、世界65の国と地域で事業を展開。連結従業員数は約4万5000人。巨大商社、三井物産のトップが安永竜夫社長だ。社内序列で32人抜きという異例の抜擢を受け、2015年、三井物産史上最年少で社長に就任。1年目の決算では創業以来初となる赤字に転落したものの、翌年には見事にV字回復を成し遂げた。

主に化学や発電所などのプラント事業畑を歩み、担当した地域は五大陸を制覇。舞台は砂漠かジャングルかツンドラか。そうした過酷な地域で、ハードな交渉をまとめ上げ、いつしかタフネゴシエーターへと成長。

三井物産には「人が仕事をつくり、仕事が人を磨く」という言葉がある。安永社長は数々の修羅場体験をくぐり抜ける中で、デリバラビリティ(Deliverability)、すなわち想定通りに結果を出せる力を獲得していった。その仕事人生を振り返る。(全7回)

■第1回 タフネゴシエーター、三井物産社長のやり抜く力
■第2回 交渉を有利に進める「設計図」と「星取り表」
■第3回 ビジネスを成功させる「人間力」と「座持ち力」
■第4回 世界銀行への出向で得た「新しい体験」の財産
■第5回 仕事の責任は最後まで持て。数字は達成せよ
■第6回 オンライン出張で問題なし。兆単位の商談を締結
■第7回 「人の三井」コングロマリットの底力を見せる時
決断力と責任は人を成長させます。

商社のような利益率も売上も異なる多数の事業ポートフォリオをもっていると、事業の継続と撤退をすることはおっしゃるとおり難しいです。(弊社規模でも十分に難しいので)
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
2.98 兆円

業績