新着Pick
390Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
三井物産社長・安永竜夫氏の連載を7日間お届けします。
---
現在、世界65の国と地域で事業を展開。連結従業員数は約4万5000人。巨大商社、三井物産のトップが安永竜夫社長だ。社内序列で32人抜きという異例の抜擢を受け、2015年、三井物産史上最年少で社長に就任。1年目の決算では創業以来初となる赤字に転落したものの、翌年には見事にV字回復を成し遂げた。

主に化学や発電所などのプラント事業畑を歩み、担当した地域は五大陸を制覇。舞台は砂漠かジャングルかツンドラか。そうした過酷な地域で、ハードな交渉をまとめ上げ、いつしかタフネゴシエーターへと成長。

三井物産には「人が仕事をつくり、仕事が人を磨く」という言葉がある。安永社長は数々の修羅場体験をくぐり抜ける中で、デリバラビリティ(Deliverability)、すなわち想定通りに結果を出せる力を獲得していった。その仕事人生を振り返る。(全7回)

■第1回 タフネゴシエーター、三井物産社長のやり抜く力
■第2回 交渉の極意、有利に進める「設計図」を作れ
■第3回 グローバルビジネスに必要な「座持ち力」
■第4回 世界銀行への出向で得た「投資視点」
■第5回 仕事の責任は最後まで持て。数字は達成せよ
■第6回 オンライン出張で問題なし。兆単位の商談を締結
■第7回 「人の三井」コングロマリットの底力を見せる時
興味深く拝読しました。あらゆるビジネスパーソンが修得するべき要素が記載されています。

以下、抜粋
最終的には、場の支配力を持っている人間が強い。ビジネスの戦略を決めて、それをアクションプランに落とし込み、周りの人を動かし、場を自分流につくり上げ、交渉を仕切る。これは修羅場を経験して初めて身につくものです。冷や汗をかくこともあるかもしれませんが、真剣勝負に身をさらすことで、覚悟と胆力が培われるのです。
これはご本人の履歴書というよりも社員への鼓舞なのでしょう。
今後の展開が楽しみです。
海外プラントのビッグプロジェクトは商社ビジネスの花形です。大学生の時にはBtoBビジネスが全く理解できませんでしたが、改めて振り返るともったいなかったと、少し後悔しています。修羅場に放り込まれたらそりゃ育ちますよね。
「人事を尽くして天命を待つ」物産!
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。
三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
2.85 兆円

業績