新着Pick
304Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
トラウマになるほどの失敗をした西口一希さんは、売り上げが停滞していた「ヴィダルサスーン」のテコ入れを命じられます。今度は「現場の声」を徹底的にヒアリング。その結果、売り上げは業界5位から2位にまで浮上しました。
---
消費が動き出した今、再び「マーケティング」が注目されている。

P&G、ロート製薬、ロクシタンジャポンで、数々の売り上げ記録を樹立し、2017年にスマートニュースに参画。圏外だったアプリランキングを1年後に1位まで引き上げるなど、「結果を出すマーケター」として知られる西口一希氏。

意外にも、そのキャリアは華麗な成功録でなく、失敗経験から得られた学びの蓄積だったという。「9segs(ナインセグズ)モデル 」「N1分析」など独自の顧客戦略理論を携え、新たな挑戦を続ける西口氏が初めて語る「仕事の哲学」とは。(全7回)

■第1回 結果を出す神マーケターは「顧客一人」を分析する
■第2回 P&G「パンパース」過去最高シェアを記録した提案
■第3回 「パンテーン」大成功から一転、大失敗で得た教訓
■第4回 「ヴィダルサスーン」を蘇生させたシンプルな方法
■第5回 ロート史上初100億円超ブランド「肌ラボ」の育成
■第6回 自分を想定、男のニオイを落とし切る「デ・オウ」
■第7回 スマートニュースをアプリランキング1位に成長させる
いや〜さすがにこれだけでは普通ストンと来ない笑
もう少し企業秘密を教えてください〜
"「あなたは完璧です」と明確に伝えてほしいと願っているのか。ストンと腑に落ちて、リニューアルでやるべきことに確信が持てました。"
とにかく今の場でやりきる。やりきるならシンプルに、顧客起点で。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。