新着Pick
333Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
すごい話。「大手」「専門家」「数字」の危うさは、身を持って体験しないとなかなかわからないし、さらに失敗に耐えてその教訓を生かさなければただの残念で終わってしまいます。コンサルタント時代に「自分の仮説」を支持するデータばかりを集めて撃沈した苦い経験を思い出しました。「仮説」は「仮の説」で、捨てられることが本当の価値なのに、守ってしまいがちです。
シャンプーブランド「パンテーン」を担当した西口一希氏は、「伝えにくい特徴を、直感的に理解できる形に変換」して大成功します。しかしその後、奈落の底へ…。
---
消費が動き出した今、再び「マーケティング」が注目されている。

P&G、ロート製薬、ロクシタンジャポンで、数々の売り上げ記録を樹立し、2017年にスマートニュースに参画。圏外だったアプリランキングを1年後に1位まで引き上げるなど、「結果を出すマーケター」として知られる西口一希氏。

意外にも、そのキャリアは華麗な成功録でなく、失敗経験から得られた学びの蓄積だったという。「9segs(ナインセグズ)モデル 」「N1分析」など独自の顧客戦略理論を携え、新たな挑戦を続ける西口氏が初めて語る「仕事の哲学」とは。(全7回)

■第1回 結果を出す神マーケターは「顧客一人」を分析する
■第2回 P&G「パンパース」過去最高シェアを記録した提案
■第3回 「パンテーン」大成功から一転、大失敗で得た教訓
■第4回 「ヴィダルサスーン」を蘇生させたシンプルな方法
■第5回 ロート史上初100億円超ブランド「肌ラボ」の育成
■第6回 自分を想定、男のニオイを落とし切る「デ・オウ」
■第7回 スマートニュースをアプリランキング1位に成長させる
商品特性を深く理解する、これも基本中の基本です。何を訴求すべきかはそこでほぼ決まります。中身は何か、何を解決するのか。そういう意味では小林製薬のネーミングセンスは改めて凄い。
"「パンテノールB5」というビタミン誘導体成分の機能性が訴求ポイントであると分かった"
自分の失敗を冷静に見つめて、分析して次に活かし、淡々と語れてしまうのが西口さんの強さなんですよね。凄いなあ。
大きなプロジェクトになればなるほど、撤退は難しくなります。読んでいて、辛かったです。貴重な体験をシェアして頂き、ありがとうございます。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。