新着Pick
7Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
識学安藤社長のnote。日本のすべてのリーダーに「本当に社員を大切にするとはどういうことか」を問いかけています。リーダーはもちろん、すべての働く人に向けて、コロナだろうが何だろうが関係ない「働くことの真理」が綴られていると感じます。

働きがいは、仲良しの空気感からではなく、自己成長から生まれるもの。自己成長している人同士の集まりが結果として心地よい空気感を生む、という順番なのだと思います。

世の中が変化する局面でも、本質的にやるべきことはほとんど変わらないです。それを、コロナを「言い訳」に先延ばしにするのか、「チャンス」と考えて加速するのか。経営者の価値観が問われています。
関連記事一覧
DMM亀山会長「借金は返すな、家賃は払うな」  コロナ下の経営者に贈る"100年に一度の禁じ手"
ログミー
614Picks

コロナで広がる研修中止、即配属の新人を育てるための3つのマインド
Diamond Online
119Picks

高校受験後の3月に修学旅行も 文科省がコロナ対策「学びの保障パッケージ」公表
毎日新聞
96Picks

なぜ、東大はどこよりも早くオンライン化できたのか? ウィズ・コロナ時代に淘汰されない組織の形
Business Insider Japan
43Picks

withコロナ時代の新潮流を生む、マイクロソフトのミックスドリアリティとは?
デジタルシフトタイムズ
35Picks

ビッグデータ・ドキュメンタリー:39歳主婦はコロナにどう向き合ったか
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
21Picks

「コロナショック」で見直されるテレワークが「甘くない」事情
LIMO
14Picks

女性内科医が実践、どうしても外出せざるを得ないときにコロナから身を守る方法 - 医者は自身の感染をどう防ぐのか
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
12Picks

コロナ禍後のエネルギー・電力会社の戦略の立て方
NPO法人 国際環境経済研究所|International Environment and Economy Institute
12Picks

新型コロナが収束したら、どんな世界で生きていきたい?
ハフポスト日本版
10Picks