新着Pick
856Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
時系列データの分析とともに、後半では弊所が行った街のシナリオ研究を元に現状を考察しています。16年の研究ですが、コロナ禍で一気に予想が現実化してきています。

今後、1~2年以内にワクチンが世界に行き渡るとしたら、それは今起こっている「New Norm」の終わる時でもあります。一過性に終わる行動と、真のNormとして残る行動の選別も行われるはず。

「移動」に関して言えば旅行は元に戻ったり、更に活発になることがあったとしても、出張は完全には戻らない気がします。
「交流」で今起きているテレコミュニケーションの革命は、SNS的な1対nではなく、1対1を結ぶ相手のリアルから遠隔へのシフト。それが絶対的な便利や楽しさを生むかどうかはまだトライ&エラーが必要そうです。

その時に重要な視点は生活者のセグメント毎のニーズ。
例えば女性日常服のサブスクモデルをやってるairclosetのコア層は実は20代ではなく30代半ばから後半。そして働く女性が9割で、うち4割が働くママという構造です。仕事と育児で忙しく、「ゆっくり服を選びたくても選べない人たち」に受け入れられるサービスになっているということです。

オンライン飲みはコロナ禍が過ぎ去れば、リアルで気軽に集まれる若者には見向きもされなくなる可能性が高いですが、「飲み会に行きたくても行けない層」や「親密だが物理的に滅多に会えない関係の間」には定着する可能性もあります。

また、視点を変えると、“本当はテレワークなんてやりたくもなかった人たち”も巻き込んだこの共体験だけは絶対に元に戻りません。2025年問題の議論の中でも介護離職が今後、激増するリスクは指摘されていましたが、その解決策としてのテレワーク耐性が社会実装されたことは、数年後に大きな意味を持つはずです。

追記:リンク修正されました。ご指摘頂いた皆様ありがとうございました!
博報堂のデータによると、危機を経て変わった意識や低下した消費意欲はすぐに戻ることがわかります。リーマンショックの際にも消費は一時的に低下しましたが、4~5年スパンで慣らすと、あまり大きく変わっていません。

では、今回のコロナはどうか。消費はいずれ戻ると思いますが、緊急事態宣言解除後の出社状況が気になります。私の場合は、移動時間も作業ができるリモートの方が明らかに効率が良いので、来週以降に宣言が解除されてから、トラディショナルな大企業がどう動くかに注目しています。
物欲は戻りますよね。消費ももちろん戻る。

でも、その方向性が大きく変わるというか、この生活の中で、他で代替できてしまうとわかったものは、戻りようがないのかな、と。

美味しい近くのお肉屋さんでお肉買って家ですき焼きをしたら思いの外良かった、もうすき焼き屋さんは行かなくていいかな〜とか、Netflixで楽しめるコンテンツが多すぎて、あんなに人の多い映画館に、もうあんまり行く気がしないかもな〜とか。

そういう意味では、非合理だったことが合理的になる強制的なきっかけに、コロナがなっているのだとも感じますね。
ズム○○、MUSTからWANT、バーチャローカル
新しい生活様式を具体化するキーワードとしてとってもわかりやすい。
人間関係のあり方も遠く、希薄にではなく、物理的には遠く、心理的には近くパーチャローカル。

感染症も自然災害も金融危機もリセッションという意味では同じで、これまでの当たり前が淘汰されニューノーマルに転化する。
淘汰された最大のものはフィジカルな存在感によるマウンティングだと思う。居場所での威圧感、上から目線、会議でのヨイショ、飲みに付き合い武勇伝を聞く、なくなってよかった。

一方で SNSでの匿名でのマウンティングは加熱する。
新しい生活様式のリスクとしてここに法としててをいれてほしい。
このまま閉じた空間での暮らしになるのか、あるいは巣篭もりの反動で開放的な空間を求めるのか。

どちらかを選べと言われれば、窓を開け、ドアを開け、自然の恵みを思い切り味わいたいという人が多いのではないでしょうか。

人間関係を接触と非接触という切り口で考えると、確実に非接触に振れた行動変容が起きるでしょう。
GDPだけで物欲は測れませんが、一つの目安としてリーマンショック後の実質GDPを見ると、元の水準に戻るまでに6年かかってます。
まあ、当時は東日本大震災もありましたが。
理屈で考えることと、実際の行動に差が出るところも人間の特徴。
個としての判断が変化することは当然あるが、集団としての傾向がどこまで出るのか。
データとして出てくるレベルの変化が、いつどのように、どの階層から起こるのか。
興味深い。

「テレワークの活用で通勤日数が減ることを考慮すれば、より低コストの郊外に居を構えたとしても、トータルの通勤時間を削減できます」
新型コロナウィルス対策で様々な"問題提起"が生まれている…。聖域だった領域も、最早無いと言っても過言では無い。今まで慣れ親しんできたことへの執着は決して無くならないが、"やってみて良かった!"、"出来ないと思っていたことが出来た!"というチャレンジしたからこそ味わえる"達成感"を心地良いと感じた人は多いと思う。こんな契機は二度と来ない…。このモメンタムを絶やさず、より良い方向へ転じていく活動を熱量もって取り組んでいきたいと思う。今年2月、NY出張の帰りに立ち寄ったホイットニー美術館に素敵な言葉が掲げられていた。It always seems impossible until it’s done...まさに、"これ"ですよね。一人ひとりの問題提起からの"アクション"が大事になってくる…。
経営者かどうかでインパクトは違うと思います。経営者が自宅勤務を続ける、と思わなければ元に戻るだけだとは思います。

この2か月間通勤がなくなっただけでなく、仕事量が減った方々も多いと思います。なので、自宅勤務が嬉しかったのか、仕事が少ないことが嬉しかったのかはわけて考えないと。仕事が少ない状態が続くのであれば会社側としても支払う原資がなく、倒産含めて雇用自体が守られないかもしれません。
NewsPicksのコミュニティは、この記事にどう反応するのでしょう?
興味深いです。私は、後出しジャンケン的なイメージが拭えませんが…

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません