新着Pick
131Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
既に2月頃から銀行株の売りに転じているので新しい動きではない。
銀行株は景気に敏感な銘柄なので普通に考えれば長期的な不景気に備えたポジション調整と考えられるが、航空株の売却の際にコメントをしていた通り産業構造の変化により伝統的な産業からコロナ後の世界を踏まえた産業への投資シフトの準備とも捉えることができるだろう。

https://www.fool.com/investing/2020/02/18/warren-buffett-just-sold-these-4-big-bank-stocks.aspx

個人的には、米国の経済活動の再開が「建設、製造、卸売業」に的を絞って再開される見通しであり米国政府も議会も国内のインフラ投資には前から前向きだったことから中長期的な観点からもインフラ関連銘柄に注目しています。

https://newspicks.com/news/4876958/?utm_source=newspicks&utm_campaign=np_urlshare&utm_medium=urlshare&invoker=np_urlshare_uid289374
針小棒大に騒ぐほどのことではない。
総額で200億円にも満たない売却。
金融業は、15世紀からつづ世界最古の産業。
コロナ程度のことで産業としてなくなる訳でもなし
悲観することはない。
バフェットの威光に翳りという部分は否めませんが、それでも今なおバフェット・プレミアムは株価に反映されていると思います。
売却によるマーケット・インパクトはもちろんですが、プレミアム剥落によるバリュエーション低下の懸念大です。
新型コロナウイルスの感染拡大は生活や仕事のあり方を大きく変えます。時代の変化に応じて、ポートフォリオを変えていくことは当然と思います。すでに、ナスダックが、ダウやS&Pとデカップリングしていることに、それは現れています。
バフェットと書けば読まれる、売れる。
が、もう現場は副会長二人が仕切っているし、そもそもポートフォリオは巨大かつ構成銘柄は多岐にわたるし、死んでも売らない、も、解かるものしか買わない、も、とっくに宗旨替えしてるし、つまりいちいちニュースにするほどの話ではないだろうと思います。
しかしバフェットさんが売ったらみんな売って値段下がるし、バフェットさんが買ったらみんな買って値段上がるんだから、バフェットさんは絶対儲かるはずだよな。。。。。なんというか、社会的信用の力ってすごい。。。。。
このようにスパッと決断できるところからも、投資家が多数存在する中、まもなく90歳のウォーレン・バフェット氏と、「ウォーレン・バフェットを世界一の投資家にした男」「非凡なる戦術家であり企業経営の魔術師」と言われる来年97歳のチャーリー・マンガー氏が際立つ成功を収めている要因をうかがい知ることができると思っています。

一時的に投資が成功しても、何らかのトラブルを抱えていつの間にか消えて行く投資家が後を絶たないというのに。。。

『投資参謀マンガー』という書籍から引用させていただきます。
=======
あるとき一人の株主が、コカコーラのような良質な投資対象はもうないのだから、バークシャーのやり方では将来的に先細りになると不平を口にした。それに対してマンガーはこう答えた 「二、三の素晴らしい投資ができればあなたの家族全員が一生困らないくらい金持ちになれる、そんな投資が簡単にできるわけがないとは思いませんか? 」
=======
*ジャネット・ロウ(増沢和美訳)『投資参謀マンガー』パンローリング, 2005年, 359頁より
ポスト新型コロナウィルスの社会を予測していますが、バフェットというより、バークシャー・ハザウェイの動きを見ることが、かなり参考になります。

何故なら、確実にマクロトレンドを見て動いているからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
米銀株にこれまで多く投資してきたというバフェット氏。新型コロナウイルスの影響で見直しも進んでいるようです。
【バフェット氏、航空株すべて売却 「世界は変わる」】
https://newspicks.com/news/4872803
他の銘柄を買うための準備な気しかしないですね