新着Pick
215Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前提条件を無視し過ぎでしょう。

この条件は恐らく北米で個人所有で、車両価格の割合を薄める為に走行距離の長いタクシーに当てはめたものかと。自動運転だから個人所有でも運転手付きタクシーでも同じでしょ、と。

日本だとガソリン価格と車両の減価償却費だけでも全然この金額にならないかと。
1リッター130円として、10km/lの燃費で、燃料費は1kmあたり13円。
車両の減価償却費が年間100万円で、1万キロ走ると1kmあたり100円。タクシーと仮定すると年間平均6万キロ走るので、1kmあたり16円。
この時点で燃料費と減価償却で1kmあたり29円。
他に税金や整備費(タクシーは1年車検)、管理費がかかる。

あり得ないのは小学生でもわかる。

『まず、この数値をキロ/円に直すと、1マイル=1.6キロ、1ドル100円換算で1キロ当たり約16.3円となる。これは消費者が支払うコスト、つまり料金であるため、燃料費や運営コストなど諸々を含めたうえでの料金とみなすことができる。』
以前にラスベガスで自動運転のタクシー「Aptiv」に乗ったことがあります。まだ完全に自動運転にはなっておらず、車内には自動運転をサポートする人と、説明をしてくれる人の2名が同乗していました。駐車場など、ホテルの私有地部分では人が主体的に運転していましたが、公道では基本的に自動走行でした。まだまだ実験段階の部分はあるものの、無人タクシーで移動する未来は、すぐそこまで来ているのかもしれませんね。
「自動運転技術によるコストダウン」と「新型コロナウィルスによる移動しなくてもよい文化」の戦いで、どちらが勝つか?という勝負ですね。

私は、「新型コロナウィルス」に賭けますね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
一万円は、新幹線や航空機との競争からの相場観から来たのかもしれませんが、高速道路の無料化は2050年まで予定されていませんし、ドアツードアでどこまで運送時間に競争力を持たせられるかですね。商業用には無理でしょう。タクシーの発想が間違っているのです。マイカーかレンタカーの発想で、ビジネスホテル代わりに活用して、トータル「人流」の発想をしなければいけないでしょう。
自動運転でタクシー代が10分の1になる。自動化の一番のメリットかも。コスト面で地下鉄・バスと張り合うようになれば、人々の移動習慣もかなり変わりそう。