新着Pick
262Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
全くの素人の直感に過ぎないとお断りしたうえで「感染力が強く、無症状・軽症状者が多く、無症状でも感染させる」と聞いた瞬間から、このウイルスは消えることが無く、いずれ普通に付き合わざるを得ないものになるだろうと感じていました。感染力が弱くて罹れば重症化する可能性が高いウイルスは、自分が生きるために必要な宿主を直ぐに殺してしまいますから、暫く経済を封鎖して人の動きを止めれば、感染させる相手を失って消えて行く運命です。そもそも、感染した人が出歩くこともないですし。
ところがそれと真逆の性質のこのウイルスは、症状があろうがなかろうが、普通の信頼性の検査で陽性であろうが陰性であろうが、人と人の接触を100%シャットアウトしない限り、しぶとく次の宿主を見つけて生き延びそう。そんな遮断が不可能である以上、ウイルスと妥協しつつ活動する道を見つけない限り、人間の生活が成り立たなくなってしまいます。
そういう意味で、『新型コロナ「消滅しない可能性」終息に長い道のり』というのはWHOに言われるまでもなく、普通の市井の民の感覚で分かります。
私がWHOに期待したいのは、圧倒的に少ないことがほぼ明らかな公式感染者数を超えてどのウイルスが程度広がっていて、本当の致死率はどの程度で、他のウイルスと比べてどの程度危険なものかといったことを分かり易く示し、専門家でない普通の人たちを納得させてくれることなんですが・・・ 普通の人が納得できない限り、経済の封鎖も活動の再開も徹底することはできません。専門家の皆さまはその辺りをどう見ていらっしゃるものなのか (・・?
となると長い闘いになるので、WHOの幹部も刷新も念願に置いて欲しいですね。
今の事務局長だと、纏まるものも纏まらないでしょう。
そもそもエボラのように感染者を隔離するどころか世界数百万人、240カ国揃って感染が蔓延しましたので、根絶は無理です。世界がワクチン。免疫待ちです。争奪戦と優先順位がこれから議論になります。
初動が大事でした。封じ込めが間に合えば。
どこかの国が秋ごろから起きていた事実を秘匿し、口封じし、移動の制限もしなかったのは特に良くなかったですね。
そもそも感染症で根絶できたのは
数百年かけて天然痘ぐらいだったかと思います。
だから別にWHOも今更そんなことを期待してるわけじゃないと思います。
「新型コロナがエンデミック(一部の地域で通常の範囲内で広がっている状態)になり、決して消滅しない可能性がある」
だからこそ、やはり安心できるワクチンや治療薬ができることが望まれますね。
再陽性を防ぐには、矢張り自己免疫力をつける事と、
代謝力が衰える年齢層は、適度な運動と血糖値のコントロール
が大事な気がします。お酒と甘いものは程々に。。
新型インフルエンザも、ワクチンがあるけど消えないし、ワクチン打っても感染する場合も
特に新型コロナウィルスに限った話ではなく、他の感染症でも言える、共通の一般論ですよね。

何故、これが記事になるのか?少し理解に苦しみます。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
収束はできても終息は難しいでしょう。新型インフルエンザのようにコロナも社会がどれだけ受け入れるかで世界は変わってくると思います。
アジアでは収束に向かってますよー
WHO knows?