新着Pick
552Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学校の現場から生の声をお届けします。金言がちりばめられたインタビューで、人生における学習やオンラインとリアルのそれぞれの意義とは何かまで議論が及びました。

日野田先生との出会いはシンガポールでの講演会。深く、深く、惹き付けられた内容。ごくごく普通の公立学校から海外トップ大学進学を出した改革者。とはいえ、「私が改革者です」という雰囲気は全く無く、皆で一緒に教育つくりあげていくという姿勢に共感しました。

いつか、お話しを記事にしたいと思い、教育がコロナ禍による厳し状況を強いられる今こそと考え、インタビューをしました。

先生の考えは、「誰一人も取り残してはいけません」という言葉に表れていると思います。お金よりも工夫、そして何より、自分事として教育に関わることが大切。

追記:アメリカの公立学校の動画レポもあわせてご覧下さい。
【現地発】日本と大違い。米国でオンライン授業が進む理由 https://newspicks.com/live-movie/662/
教室の授業も万能からは程遠いし、「万能な授業」などどこにもありません。それから、「学術的に裏打ちされた教育法」は、日本ではオンラインであれオフラインであれ欠如しています(特に大学ではむしろ少数派でしょう。それはそれで大きな問題だし、教育は長年の専門的訓練を受けたプロの職業であるべきだと思いますが)。
 「教育の目的は、自律・自立した人間をつくること」というのは、古代ギリシアのプラトンや、中国の孔子の時代からいわれていたことです。これは、自ら学び続ける能力と習慣を持ち続ける人間をつくることで、できれば新しい知識を探求し続ける人間をつくるということです。ただし、自分で学び探究する人間をつくるというのは、どうしてもむずかしく、千人に一人の成功例が出ればいい方、というのは今も昔も変わりません。教育というのは、川の砂の中に砂金を探し続ける作業のようなものです。
 近代になってから、教育に大きな効果があると思われるようになったのは、学校で国民的な教育が行われるようになってからです。ナポレオン麾下のフランス軍の強さ、イギリスの産業革命に人材を供給し続ける公教育システム、米国や日本の経済的成功を見て、教育は魔法の杖、あたかも万能であるかのように信じられるようになりました。
 今、オンライン教育が何か画期的な教育効果があると一部で期待されているのは、近代に見られた教育万能信仰の延長で起きていることでしょう。
 実のところ、近代学校教育は自ら学び探究する人間を大量につくりだせたわけではありません。古の哲学者たちの基準でいえば、粗製乱造もいいところでしょう。これをオンライン化したところで、自ら学び探究する道理はなく、せいぜい廉価版になるだけでしょう。
 格差云々以前に、対面授業以上に自ら学び探究する人間をつくりだせるオンライン教育など、どこにもない、ということはいえます。オンライン教育に優位性があるとすれば、コストくらいでしょう。
 もちろん、緊急時の対応として、オンライン教育への一時避難はやむをえない、という状況はあります。家庭や自治体の予算からいって、やむをえず導入、という事態もあるでしょう。
 現在、オンライン教育でも対面教育でも大差ないのはどういう学生、生徒かというと、すでに自ら学べるようになっている場合ですね。日本だと、全体の1%くらいでしょうか。
リアルの授業をオンラインに切り替えるのは容易ではありません。
私はフィリピンのセブ島で語学留学とオンライン英会話を同時にやっていたのですが、新型コロナウイルスの影響でセブ島留学ができなくなりました。あわてて、4月からセブ島留学をオンラインに切り替えたのですが上手くいかなかったのです。10年以上オンライン英会話をやっていたので、オンライン教育の経験はありました。しかし、リアルの授業をオンラインに切り替えるのは一筋縄ではいかなかったのです。
記事にある通りオンライン教育にはいろいろな可能性がありますが、まだ始まったところです。試行錯誤しながら前に進むしかありません。
「オーストラリアやアメリカで昔から行われている「ラジオ授業」」

昔旺文社の大学受験ラジオ講座というものが放送されていました。他にも、NHKラジオで各種語学の授業がなされています。あれ、非常に良いコンテンツです。問題になるのは継続可能かどうか。でも、デジタルの時代なので録音されたものを聞けば良い。


「GoogleやFacebookも素敵なオフィスを持っていますよね。どちらも強力な個人が集まっていますが、仕事場という「遊びの空間」に集まってイノベーションを起こしています。」

これは完全に同意。これまで同種の発言を何度もしています。学校の価値は教育コンテンツの提供だけではないと思っています。むしろ、同期、仲間、ライバル、先輩、後輩、先生らとの出会いの場。また、全く異質な属性や背景や考え方をもつ人っ達と出会える場でもあります。1人では挫けそうなことでもみんなとやると乗り切れたり、一生の友が得られたり、全く思ってなかったコラボレーションが生まれたり。それが別の場所で提供できるなら学校はいらないと思っています。今度はそれが「新しい学校」と呼ばれるようになれるだけだと思います。
私自身は4月からZoomでの授業を全面的に導入しています。
二つの大学(東大の工学系大学院と早大のMBA)で講義をやっていて、緊急事態が解除されてもオンラインを相当程度活用して行こうとすら思っていますが、この記事を読んで改めて、特に義務教育課程や高校生までの段階ではオンラインは万能ではないと考え直す機会を得ました。感謝したい。
***
「読み書きそろばんといった知識やリテラシーはネットでもできます。しかし、みんなでチームビルディングをして課題の解決をしたり、デザインシンキングやアジャイル開発をしたりするとかは、パワーを発揮できる物理的な場所が必要です。」(文中引用)

この視点も忘れてはいけないな、と改めて思う。
とてもリアルな記事でした。
我が家は元々オンライン教育志向だったので、
今のコロナ禍になっても直ぐに適応できましたが、
他の家庭を見ていると確かに20%くらいは
全く追いついていないような印象でした。

気持ちだけでは難しく、
環境の整備は大事ですね。

これを機会にオンライン教育が検討が進む事を願います。
教員に求められる資質が問われています。能力ではない。教育とはそれだけやっかいな課題を扱う仕事であり、試験に受かればなれるような類の仕事ではあってはならないのです。これがオンライン授業で露呈していることに教員側が気づかなければならないのです。現実、学生は気づき始め、声をあげています。この声に耳をかたむけることが最重要課題です。
私が、米国でのリモート学習と、日本のリモート学習の両方を見て感じるのは…先生の側の努力の量の差です。

カリフォルニアのシリコンバレーなので、名門校が多いということはあるとは思いますが、正直な話、リモート学習になる時、先生たちは「膨大な時間をつかい、ほぼ泣きたくなるくらいの努力でコンテンツ開発とツールを使った環境での授業品質の維持」に取り組みました。

つまり「通学していた時と同じやり方をリモートでやる」のではなく、「リモートで実施する場合に適したやり方」を短期間で模索し、試行し、実施しながら改善しているのです。

米国の先生は「ずっと教師だけ」という人は少なく「もともと企業で働いていた」という人も多いので、そういった意味では「学校の世界しか知らない人たち」ではないことも、原動力になっているかもしれません。

もちろん、完全に「個人」のことなので、米国でも「何もやらない先生」もいれば、日本でも「米国以上に努力されている先生」もみえると思います。

大事なことは「環境が変わるにも関わらず同じことをやろうとしないこと」だと思います。

先生も、生徒も、親も大変だと思います。少なくとも、心は明るく維持できるように祈ります。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
スピード感と慎重さを掛け合わせる必要があるということですね
IT環境については確かにこのご時世でもまだまだ家庭によってはばらつきがあるのも確かでしょう
個人的に、そもそもそんな環境じゃ今後社会に出た時に戦えないとは思いますが、それも含めてこの世代には必要な投資なんでしょうね
一兆円投下したところでその後のランニングコストが必要だったりこの辺決めてるおじいちゃんたちはまだ紙とペンなのでなかなか難しそうですね
経済界でもそうですわ。。。
通信部分の接続障害が課題として1250人約200件出ているとのこと。これは社会人として仕事をしていても、まだまだ感じる部分。企業も学校もオンラインを軸に運営していく上では通信環境の整備、集中して取り組める就業学習環境は必須ですね。
この連載について
新型コロナウイルス流行に伴う緊急事態宣言で、各家庭が余儀なくされている「在宅教育」。多くのお父さん、お母さんが、在宅ワークと子育ての両立について試行錯誤している状況だ。在宅教育の期間、家庭や学校では何が起きているのか。私たちはこの状況をいかにして乗り越えるべきか。教育の最前線に立つ当事者が解説する。