新着Pick

ローソン、大阪府内50店舗で「Uber Eats」を開始

AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
295Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
考えてみれば、UBER EATSの機能は、レストランと消費者を効率的につなぐこと。

ハンバーガーや、お弁当は、コンビニでも扱っているので、彼らがそこに入るのはむしろ当たり前で、コンビニで扱っている他の「食べ物以外のアイテム」も取り扱いの対象になるのは自然な流れだと思う。

それはAmazonが、かつて「本」から始まってなんでも扱うようになった流れを思い出させる。

まだまだ可能性はありそうだ。
Uber Eatsの配達網が社会インフラになっていく動きだと思います。日本では根付かないと言われるネットスーパーも、Uberの配送網を使って普及してくるかもしれません。

個人的にはUberで見る限り品揃えはそれなりにあると思いました(井口さんがfactを載せてくださっている!)。宅飲みをしていてあとちょっと飲み物やお菓子がほしいときだったらポチッとするかもしれない、という感じです。
Uber Eatsが、ヤマトや佐川の競合になる日も近いということでしょうね。

大事なことは、日本の都市のサイズが、そこそこに「よいレベル」だということです。

この記事の例も、「東京」ではなく「大阪」という部分が鍵だと思います。

何故「東京ではなく大阪なのか?」その理由がわかる方は、すばらしいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
過去他のプラットフォームでもデリバリーをやっていましたし、販売実績もある程度読める分、タイミングとして実行しやすかったと思います。
Uber Eatsがローソンで扱える対象商品が200しかない点が、コンビニですら何千というSKUの商品マスタを発注アプリと統合するのが大変という事実を表している。何万もあるスーパーであれば尚更。
中国で風邪ひいた時に薬局で薬も頼めて届けてくれるのマジで助かる
株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
5,717 億円

業績