新着Pick
8Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
CRISPR-Cas9の応用。とはいえ「見つけやすくする」ものなのかなぁという印象で、偽陽性を減らす効果がありそう(検査で陽性・陰性が確認されている検体を利用したのは、そこの検証のためだと思う)。
ただMatsumotoさんのコメントにあるように(有難うございます!)、時間を短くするものではないと思うのと、検体操作でのエラーは防げるのだろうか?日本の検査についての記事を見ると、検査のオペレーションが簡単なものではなさそうで、そこ起因のエラーもありそうで。