新着Pick
435Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「シゴテツ -仕事の哲人-」、宮田裕章さん(慶應義塾大学医学部教授)の第7回(最終回)です。毎日たくさんの方にお読みいただき、ありがとうございました。宮田先生の人気をあらためて実感しました。
---
■第1回 データを駆使したプロジェクトで社会変革に挑む
■第2回 人間を軸に世界を考える「実践的な知の探求」
■第3回 「ポケモンGO」は画期的、楽しさの先にある健康
■第4回 ファッションにこだわる理由
■第5回 最大多数の最大幸福を考える世界から個別化への転換
■第6回 GAFAのデータ活用変遷と信頼
■第7回 いのちを響き合わせて創る、多様な社会
このモナリザ解釈とってもいいですね。名作が存在し続けるのは今の世界に必要な意味をずっと持ち続けるから。
スーツも着ることがあるのか!という驚き。

人間は社会や他者とのつながりの中で存在しているというのはまさにその通りで、だからこそ、一人ひとりの生き方の上にシステムが現れてくる。システムの上に人の生き方が現れていてはいけない。
宮田先生の言語表現力にはいつも感心させられます。そして勉強になります。
宮田教授の考え方が斬新であり原理原則に真摯だと感じました。
「生きる」の再発明か。

確かにこの数週間生き方を考える時間が増えた。経済活動の重要さも考えつつも自分にとってのwell-beingがなにか、そこと社会の接点から何を貢献できるのかを引き続き考えていきたいと思いました。
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。

業績