新着Pick
75Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まさにそうだと思います。
現段階では日本企業の多大なる内部留保キャッシュにより日本株が支えられているといわれることも多いわけで、実際「成長」にパワーを傾けてきた海外企業は続々と経営難になっている
中々難しい局面で最後に締めくくられている通り今後のCXOの立ち位置や立ち振る舞いはかなり変わることが予想されますね
証券アナリストとしての大先輩にして現在の上司である電気産業アナリストの栗山氏による論考。持続可能性or成長。全ての企業に突きつけられた命題に思えます。
持続可能できいることと、成長することは相反することではありません。
しかし、ダーウィンの「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない」ではありませんが、持続可能でも成長でもなく、変化に対応できる会社が良い会社なのかもしれませんね。
米ブラックロックがサステナビリティ報告の優先順位を下げたり、家の近所のスーパーもサステナビリティの一環のリサイクルを止めたり。結局、足下のキャッシュがなければサステナビリティなんて実現できないことが露わになってきました。平時の譫言と言われないよう、実現に取り組んでほしいですね。記事の通りCFOの手腕が問われます。また、投資家、経営者、事業運営者の役割がはっきり分かれるタイミングだと思います。