新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
①で米国の自動車販売台数の長期系列が見れる。
好況の時に乗用車の販売台数は1750万台(SAAR:季節調整済み、年換算台数)。リーマンショックの時は1000万台を一時割ったので6割弱の水準。今回は3割減ということで7割水準。景気がどこまで腰折れるか・回復するかで変わると思うが、カードの延滞も発生して(当たり前だが…)ローンも厳しくなっていくと思う。ここ数年はずっと高原水準でいますぐ買えなくてもよい人が多いと思うし、その意味では需要がもっと折れる可能性もあるとは思う。
https://fred.stlouisfed.org/series/ALTSALES
https://newspicks.com/news/4891095
米国の今年の成長率見通しはマイナス6%。所得がこれだけ落ち込めば自動車購入はそれ以上に冷え込むということだと思います。
中国は先にコロナショックから脱出したので、トヨタが中国での回復も当然といえば当然でしょうが、
回復の速さは注目すべきです。
トヨタ中国は、4月の販売台数はすでに昨年比で多くなり、中米関係の悪化もあり、今後しばらく昨年同期比で多くなるでしょう。
またいったんアメリカ、韓国の自動車は中国でのシェアを失うと、もうなかなか回復しないと思われます。
日本の強さはここにあります。
「米国・メキシコ・カナダの北米における完成車生産について、4―10月の累計で前年同期比で約3割減を計画していることがわかった」
工場の生産が再開しても以前のように戻るのには時間がかかるということですね。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
27.7 兆円

業績