新着Pick
1235Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5月1日から無印良品がアマゾンでの取り扱いを開始しました。パンデミック下においてこの提携はそれほど話題にはなりませんでしたが、コロナショックの観点から見つめ直すと新たな発見があります。

不要不急とされた商品を扱う百貨店やショッピングセンターなどは、4月の売り上げが8割減、5月に至って現時点でほぼゼロ、無印も400店中280店を臨時休業していました。無印はオンラインサイトで年初にトラブルを起こしていたこともあり、ECの難しさと重要性を再認識させられたのではないでしょうか。

コロナ前から「店舗はショールーム化する、在庫は置かずに注文はオンラインで」と語られてきましたが、今後はチャネル分散の観点からもさらに進みそうです。また店舗ストックが必要なくなれば在庫管理などにもポジティブな影響を与えそうです。これを機に、「無駄が多い」とされてきた小売業界がどう変わるかに注目です。
コロナ感染拡大による消費者行動や企業活動への影響は、イレギュラーかつ一過性のものと、不可逆な構造変化が断層的に加速するものに二分されると思います。本稿では、その後者に該当すると予測される事象について考察してみました。ご笑覧ください。
3つの構造変化のうち②非接触化は、これまでにないトレンドとなるでしょう。スターバックスは決算発表のアナリスト説明会で、Contactless Customer Experienceをひとつの柱として打ち出しました。

モバイル事前注文決済をベースに、ピックアップ専門(座席なし)の店舗「Cafe Open-and-Order」を30店舗ほど作るそうです。そのほか、ドライブスルー店舗や、駐車場での商品渡しなど。

世界の人々はウィルスの媒介になる恐れがある現金を嫌い、キャッシュレス利用を拡大。なかでも非接触決済が急伸しています。
構造部分ではないが、リバウンド消費について。
フェーズとして先行する中国においていくつか調査がされていて、リアルでは起こっていない、ECでは起こっているという状態で、チャネルシフトが一層進みそう。
調査として両方を一気に網羅したものではないのではなかったり省単位だったりするので、また違った情報も出てくるかもしれないが、現時点でのいくつかの話として。
①リアル:https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/05/15057c880b0e635c.html
②EC:https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/05/463acd88a4ba64c0.html
週末に無印良品の路面店の前を通りましたが、整理券を配布し、入店人数を絞っていました。もちろん、そこまでして買いたい消費意欲が高い人が来るので客単価が上がることにはなりそうですが、直接的には売上の減少を意味しますし、このオペレーションは非常事態が解除されても、当面の間は必要になりそう。入り口で整理券のオペレーションをする人、手指消毒をさせる人など、オペレーションコストもかかってきます。当然、現在の賃貸価格を前提とした店舗の経済性モデルが持続できなくなる小売さんも多いように思います
この変化がしっかりと実現されればモノの値段はこれからちゃんと上がる。
非常に興味深く拝読し、且つ共感しました。リアル店舗のコンセプト・存在意義が変わりつつあることは既に起き始めていた「流れ」ではありますが、コロナでそれが加速しているのは間違いないところであり、とりわけモバイルオーダーの台頭とその店舗デザインやインストアオペレーションへの影響は、予想以上に早く来た、というのが実感です。

リアル店舗とデジタルを分けることなく、トータルとして「商い」と「サービス」のグランドデザインをどうするのか。まさに今「バックキャスト思考」が小売業界には求められているのだと、改めて考えさせられました。
ESGやSDGsに配慮するためには「財務基盤の強さ」と「意思決定の速さ」の両方が必要というのは全くその通りで、つまりビジネスでもちゃんと成功して利益を出している、ということなのですよね。利益との相反が語られることもありますが、そもそも利益が出ていなければ社会貢献もできない。強くなければ優しくなれない、または、強さは優しさを土台にすべき、とも言えます。
パンデミックが発生せずとも、ゆるやかに進行していたはずの変化です。それが、今回のコロナによって加速することになりました。
当然、企業にはそれ相応のスピードが求められます。その意味で、対応できる企業とできない企業との間に、かつて以上の差が開くことが予想されます。
細かなことが、たくさん書かれていますが…一言で言えば「Touchless World」が加速するということです。

検索、購入、配送…全てのプロセスで「Touchless、Contactless」の世界になる…そういった概念の方が重要だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
もう「コロナ前」には戻れない。新型コロナウイルスによって、世界は一気に変わってしまった。私たちの生活やビジネスは、これからどう変わるのか。気鋭のプロピッカーたちが、テーマごとにコロナ後の世界を予測する。