新着Pick
873Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
商社はオイルショック、円高、バブル崩壊と何度も存亡の危機にされされて、否応なしに売買仲介型ビジネスから事業投資型ビジネスに変化してきました。資源分野では油田、ガス田の開発まで行っています。

事業投資型なので何年に一度かは大きく損失が出る場合もあります。多くのこれらの損失は償却案件です。いっぺんに膿を出すが、その代わり立ち直りも早いです。

今回のコロナ禍では投資のポートフォリオの向かい先が資源であれば間違いなく痛みました。今後は資源分野以外でも大きく損失を計上する分野も出ますので商社にとってまた新たな存続危機が訪れます。今回はどのような変革を通じて再生するのか、各社の経営陣の腕の見せ所ですね!
人気 Picker
総合商社の業績を横並びで比較する意義は何か、良く考えると結構不思議です。同じ業界として括られていますが、事業の中身はそれぞれ結構違うし、逆に海外投資案件では共同投資したりすることもしばしばあります。

一般的な事業会社にとっては、マーケットシェアが大きいことは意味ありますが、総合商社の中でトップだったとしても、市場支配力や規模の経済が働く訳でもありません。

個人的には、総合商社の評価をするには「それぞれの会社の個別事業を評価すること」「純利益の絶対額では無く、投資対効果を見ること」が必要かと。

ちなみに、採用市場においては総合商社を競合として捉えるメリットが大きいと思います。
5社の決算資料を眺めていると、コロナや原油安とは関係のなさそうな事業での減損が目につきました。コロナ前から、商社の業績は世界経済の減速を織り込み、弱含みつつあったのかもしれません。そこにコロナが追い打ちをかけ、資源に関連した資産の減損に追い込まれた。2019年度決算はそんな感じだったのではないでしょうか。

三井物産の業績見通しでは、今期は利益が半減します。コロナが産業界に与える影響は、かなり厳しいものになりそうです。
ここ数年は資源か非資源事業のどちらを中核に据えているかが明暗が分かれてきている。
IPPなどのインフラ事業への影響が少ないのも生活に必要なものであることに加えて、長期の売電契約などに支えられ収入が安定的なものが多いからだろう。今後、途上国をはじめとする各国の財政がコロナの影響を受け始めるのでカントリーリスクの高まりが気になってくる。
「商社マン」と言えば海外を飛び回るイメージがありますが、今回訪れたコロナショックなるもので、商売のやり方、働き方も変わるでしょうね。

これだけ強制的にテレビ会議が普及し、また海外に渡航できない日が続くと、変えざるを得ないし、それにアジャストした会社、人だけが生き残っていくのかも。

でも、一定程度現地とコミュニケーションを取る必要がある場合は、現地駐在員を増やしたり、今以上に現地採用の方をいかにうまく使うか、が鍵になってくると思います。
伊藤忠すごいな。
このタイミングで最高益。
そういえば伊藤忠の会社名を
いとうただしと読む人意外といる説は
自分の周りでも二つエピソードあるが面白いw
非資源分野が好調の伊藤忠に対し、資源分野の割合が高い三菱商事、三井物産は減益。2021年期は2020年期唯一の増益の伊藤忠でも20%減。
原油は一時逆オイルショックとなった背景から、今年期は資源分野の揺れが激しくなる可能性。
一方で非資源の割合を大きく占める住友商事と伊藤忠の差ってなんなのか気になる。
需要が蒸発って凄い言葉だけど、まさにそんな感じ
エネルギーへの比重によるダメージと航空などコロナの影響をもろに受ける分野での打撃が大きかったということですね。産業構造自体変化していくと考えると今後の動き、予測が難しいことが見えてきます。。
脱資源のスピードに差が出ましたが、これで4社も変革加速否応なく加速。
事業領域ではなく、稼ぎかたが”商社”という括りのように思います。
この連載について
経済ニュースを「数字」でつかむNewsPicks編集部オリジナル連載。NewsPicksが注目する企業の決算・会計から、マーケットの話題、投資まで。様々なテーマを「キーナンバー」で読み解くことで、ビジネスパーソンに必須の「数字感覚」を養おう。
住友商事株式会社(すみともしょうじ、英語: Sumitomo Corporation)は、住友グループの大手総合商社である。同社はTOPIX Large70の構成銘柄の一つでもある。 ウィキペディア
時価総額
2.04 兆円

業績

丸紅株式会社(まるべに、英文社名:Marubeni Corporation)は、芙蓉グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
1.69 兆円

業績

伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、大阪府大阪市北区と東京都港区に本社を置くみずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
5.12 兆円

業績

三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
5.39 兆円

業績

三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
4.30 兆円

業績