新着Pick
67Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
どのターミナルにどの程度の規模の駅を建設するつもりなのか、いまいちはっきりしませんが、仮にJR東日本が計画した羽田空港アクセス線の計画を踏襲するとすると、大井の車両基地からまず羽田空港の国内線ターミナル付近に駅を設置し、その先に第三(国際線)ターミナルへつなぐ形になると考えられます。

空港アクセス鉄道につき、国が整備して、それを上下分離という形で鉄道事業者に使わせるというのはすでに成田空港で採用されているやり方ですが、すでに鉄道として乗り入れている京急は自前で工事していますのでこのあたりのバランスは問われるところです。
また東京モノレールはすでに日立からJRへ大半の株式が譲渡され、連結子会社化された状態ですが、これを今後どうするつもりなのかも注目です。
今後移動がどのように変化するかわからないのでどうなんだろう、と思ってしまいました。

もちろんなくなることはないと思いますが、2倍が英断なのかは今後の状況を鑑みた方がよさそうですね。
オリンピック向けという前提だが、そもそものオリンピックが開催されるのか、という疑問がないわけではない…。羽田が便利になるのはありがたいのだが。
計画では3路線で東京駅、新宿駅、渋谷駅、ディズニーランドまで直通で届く3ルートの計画で便利になりそうな予感しかありません。
京急は稼ぎ頭である空港線の乗車率が減ることは間違いないので、大手JRに対してどう対策・打ち手を考えるかですよね。コロナ時代において移動者が減ることも十分に予想されます。


JR羽田新線 ディズニー直結へ 西ルート、中央線直通も
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202002/CK2020020802000258.html?ref=daily
空港整備特別会計で工事をすれば、鉄道会社の負担は軽くなります。JRだけでなく私鉄でも同様の方式をとっています。道路ではモノレールがその前例で、1970年代から道路整備特別会計で軌道整備をしています。

追記 二十年も経つと、歴史を知らないコメントが見られます。成田と羽田のデマケは、あれだけ世間を騒がせた成田闘争がありましたから、ようやく石原知事になり、国際空港にできたのです。京急はモノレール保護のため、だいぶ割りを食ったはずです。空港利用者の負担でどこまで鉄道や道路整備をするかは、税金の使いたかたですから、その時の負担力もあるでしょう
羽田空港まで運行している東京モノレールはJRグループなので、羽田アクセス線ができる頃には東京モノレールは廃止する方向で、さりげなく鉄道への移行を進めているのではないかと推測で考えてしまう。
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
2.79 兆円

業績