新着Pick
512Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
なぜPlug and Play創業者のサイードが、イランの留学生→起業→ビルの大家→投資家・アクセラレーターというのはまさにアメリカン・ドリーム。

シリコンバレーに長くからあり、世界に最大の拠点を持つPlug adn Play。世界のスタートアップ200−250社に年間投資しています。日本の駐在員もスタートアップのDemoDay(ビジネスピッチ)に通っている方が多いのではないかと思います。今回はその組織を立ち上げた人物に焦点を当てました。

PayPalやGoogleなど巨大企業も誕生した瞬間があった。その瞬間から現在まで見続けているサイードの人生にはシリコンバレーの発展の歴史が詰まっています。そして、人材ネットワークの蓄積は次のジャックポットを当てる投資に結びつく、というのがとても良く分かります。

Saeedの日本語でのこんなに長いインタビューは初めてかも。

ここに掲載されているGoogleの写真は、Googleに入社した当時よくプレゼンに使われている”はじまり”の写真でした。それがPlug and Playに入社して撮影した”そのビル”のオーナーがSaeedだった、というのを知ったときはこんな縁があるのかと驚いたのを今でも覚えています。ちなみにガレージを出て初めて借りたオフィスがこのビルなんです。(Googleに昔あったホワイトボードに書かれた歴史にも記載されています)ちなみに今はYahoo!の代表を退いたマリッサ・メイヤーが入居しているそうです。(ちなみにLucky Buildingと本社の写真は私が撮影しましたw)
サイード・アミディ氏のスタートアップ投資は人を見極めることをベースにしているようです。不動産入居者の選定も、人を見ることからスタート。その視点が一般の投資家と少しちがうところですね。

この記事に出てくるHoneyはまだ2人で創業している時に出資したとか。その株価は2000倍強に。目のつけどころがちがいます。

自分のメガネにかなったところに出資する。他人任せにしない。少し出資して大きく儲ける。賢明です。
「165University Avenue(大学通り)」の建物を購入。パロアルトの玄関と言える素晴らしい立地にあります。成功が成功を呼び込む。シリコンバレーのネットワーク・エコシステムの中心にいる方で
継続的な投資で利益を目的とする一方で、ペイ・フォワードな精神でもPlug and Playを設立したのではと素晴らしいと思います。ポストコロナで登場するサービス・スタートアップに期待ですね。
よく考えたら、Googleで検索をする、という行動は20年ちょっと前まではまだ始まったばかりだった。2000年にマレーシアの大学に留学したとき、マレーシア人の先生からgoogleが研究には便利と言われ、本格的に使い始めた。

そのGoogleの立ち上がりがこのビルだったのか。
感動しました。日本にもあると思うのですが、なぜこのストーリーが伝わってないんでしょうか。

サイードさん是非お会いしてみたいです。

見逃した投資先、、私もありますねwww
さすが洪さん。Saeedの人柄を、よく捉えたインタビューだと思います。

こんな人柄のSaeedが運営している「Plug and Play」は、とてもアットホームな雰囲気なスタッフも魅力的です。

ただ、最近は、VCが乱立状態で、運用益アップ競争も激化しており、日々、しのぎを削っているVCの方々から見ると、いろいろな想いがあるようで、そういった方々からは、あまり評判が良くないという面もあります。

しかし、それは、「シリコンバレーに貢献する」という目的は同じでも、お互いに「価値観が違う」ということだけだと私は理解しています。

生き馬の目を抜くようなシリコンバレーの投資活動の中に身を置きながら、Saeedと、Plug and Playのメンバーのように、笑顔を絶やさず、辛い部分を表には見せずに頑張っている人たちを見ると、すばらしいと思います。

Saeedの、やさしく、ゆっくりと語りかける口調を聴けば、ここに書かれている彼の想いを理解できる人は多いと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
凄く良いインタビューだった
この連載について
世界中のテクノロジーが集まる米シリコンバレーでは、今なにが起きているのか。NewsPicks編集部とシリコンバレー支局が総力をあげて、動画コンテンツでレポートする。

業績