新着Pick
959Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
シリコンバレーやグローバルに展開する企業の判断に影響を与えそうですね。
その企業のビジネスモデルやカルチャーにもよりますが、今後はハイブリッドな出社モデルに移行するのではとの見方をする人が多いです。もちろん完全リモートにも仕組み上できますが、作業的な生産性は上がるものの新しいアイデアを一緒に生み出す仕組みは作りづらいのが、この1ー2ヶ月で実感している人も少なくないはず。週2-3日出社して、あとは在宅や家の近くのコワーキングスペースの活用など、3-4つの拠点を使っての働き方などが出てきそうです。
Slackは先月末に、少なくとも今年9月まで、オフィスを全面的に閉鎖する旨を発表しています。今回の発表は「年末まで閉鎖」ではなく「オフィスには7月から戻ることができるが、大半の自宅で仕事を遂行できる従業員については年末まで在宅勤務可能」というもので、従業員にフレキシビルな働き方を認めています。西海岸の企業は特に、今後これに倣うケースが増えるものと思われます。
「オフィスに戻る必要がある従業員は強化された安全対策の下、7月から戻ることができるが、自宅で仕事を遂行できる大半の従業員は、今年いっぱい在宅勤務が可能」これは年末までである必要はないし、多くのベンチャーの長期トレンドになっていくのだろうな。
SFのLinkedInで働く友人は、リモートにしてもチームの生産性はほぼ落ちていない、と。さらに、この多少の下落は完全リモート制初期のトランジションコストなだけであって、リモートに慣れれば従来の働き方よりも生産性が上がる可能性がある、と言っていました。

業界やチームにもよりますが、在宅勤務にした方が仕事がはかどるところも多いはず。にともない、自宅オフィスの快適化にも本気で力を入れているようです。
GoogleとFacebookがテレワークを年末まで延期。これは恒久的になるだろうな。Appleがどうするかは興味深い。ジョブズは直接会うことからインスピレーションの広がりをすごく重要視してたから。ただ多くの米国のIT企業はこれに倣うだろうな。日本のIT企業もそうなっていく。

結果オフィスの解約、縮小、住居の分散などは進む。シリコンバレー一極集中も変わる。大きな変化が起こる。適応できる会社は生産性や採用力に大きな差がでる。テレワークになると働き手の成果も可視化されるまくるので、ここにも適応できる出来ないで大きな差が。結果、IT企業と伝統的企業、若者と中年の差は更に開いていくことになる


オフィスに戻る必要がある従業員は強化された安全対策の下、7月から戻ることができると説明。しかし、自宅で仕事を遂行できる大半の従業員は、今年いっぱい在宅勤務が可能だと述べた。
全力でリモートを推進するべきという機運が高まっていますが、みんなが同じ方向を向くことはリスクを増大させます。

これまでの働き方を変えていこうという動きは否定しませんが、WFHを推進した先にあるリスクももっと考慮するべきです。将来何らかの理由でネットワークが使えなくなったとしたら、どうなるでしょう?

あくまでもオプションが増えただけ、という考え方にととめるべきです。
もうオフィス最低限でいいよね。こんな長い間リモートワークが機能してるんだから。
コロナのワクチンなどができるまでは期間限定の在宅勤務というよりかは、国や地域によっては健康の観点より在宅勤務が一つの労働者の権利という考え方も出て来ると思います。
またオフィススペース削減や従業員の健康ことを考えると企業も一定の規模の従業員に在宅勤務を認めるインセンティブも業種によっては恒常的にあると思います。
年末まで延長というのは、実質的には「これからは基本的に在宅勤務を常態化させますよ」ということであり、その実験期間として、年末と言っているに過ぎないと思われる。在宅勤務との親和性が強い企業は、基本は在宅、必要な時に集まるという流れ(前から、そうではあるが)になるのだろう。
昨日アルファベットの計画が撤回されたけど、こうなってくるとわざわざスマートシティを他に作らなくても、広大な本社施設を最新のテクノロジーを都市単位で導入する実験の場として使えば良いのでは。 #アルファベット #フェイスブック
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
90.0 兆円

業績