新着Pick
22Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京株式相場は大幅続伸で、日経平均株価は504円高で2万円台を回復しました。
米国株はNYダウが211ドル高と反発、中国輸出の回復や欧米の経済活動再開の動きを好感しました。
今朝の東京市場も買い先行、300円近く上げて始まりました。
前日の感染者数が1カ月ぶりに100人を下回ったことや、14日までに緊急事態宣言解除の基準を示すとされた事で、国内でも経済活動再開期待が優りました。
米雇用統計控えで伸び悩む場面もありましたが、米中電話貿易協議や中国新車販売2年振りプラスの報道もサポートとなったようで、高値引けとなっています(個人的には閣僚レベルでの対話になったと言う事は、むしろ米中関係が深刻化してる証左だと想いますが)。
外需株が堅調だったほか、商社など資源関連も上げました。
今週はGWで2日しか立会いがありませんでしたが、週で559円高と続伸です。
緊急事態宣言こそ延長されましたが、休業要請解除が28県など経済活動再開へ向けた動きを素直に好感しました。
来週は国内企業の決算発表ラッシュを迎えますが、14日の専門家会議が注目されそうです。
米中のCPIや小売売上高も出てきます。
戻りを伺う流れが継続しそうです(テクニカル的にも実体部の大きい陽線引けで、終値でも一目均衡雲の上限を上回り、引き続き強い相場基調が期待されそうです)。
東証REIT指数は+5.22%でした
この先警戒ですね。