新着Pick
113Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本ではすでに3箇所の医療機関が臨床試験としての投与経験を持ちますが、今回の特例承認と流通を受けて、より多くの医療機関で使用されるようになると思います。

現状では、国内では私の所属施設も含めてファビピラビルの人道的使用が主流となっていますので、レムデシビルの流通は現場のフローを変えることになるかもしれません。

ただし、米国内ですら、中南部の地域等からは、レムデシビルが入手できないという声が各医療機関で出ていますので、その流通は不十分な可能性が高いと考えます。

使用する対象者をかなり絞った使用にならざるを得ないことが予想されます。
世界での臨床試験の一部としての無償提供、ということで、
ギリアドにとっても多くのデータを集められるわけですが、

もちろん日本にとっても無償提供はありがたく、

こういった国際的な助け合いは嬉しいですね。

流通量が限られるようであれば、レムデシビル適応の重症患者さんにちゃんと行きわたるよう、患者さんと薬の配置が調整されますように。
海外にレムデシビルを無償提供する米国、アビガンも無償提供する日本。一方、欧州やアフリカにマスク外交する中国。

さて、ポストコロナはどういう陣営になるのか?
困っている時に助け合いう精神が勝つのか、あるいはビジネス優先の世界なのか、世界の価値感が確かめられているようです。
レムデシビル初回の14万人分はギリアドが無償で配布する形ですが、それ以降は40万円くらいになるのではとの報道が。良いマーケティングになりますね。日本にも一部入ってくるのは良いニュース
医療機関側での手続きが簡素に提供できるとよいですね。選択肢が増えるのは何よりもありがたいことです。

一方で複数の治療薬でスタディをするとなると患者の組み入れ問題が出てきます。当然合意をした患者のみが参加することになるわけですし。

東京都で現在確認されている感染者数が2679人。うち重症が87人。全国でも4倍くらいでしょうか。このあたりの数字を目安に供給量を決定するんでしょう。

ただ、この母数で複数の薬のスタディがあり得るわけですから、重傷者向けのスタディは日本だけで独立してやるにはどう考えても数が足りない。逆に世界的なスタディのデータ供給として考えれば多少なりとも貢献できる。

多国籍なスタディは調整が大変だという側面がありますが、うまく連携して進めてほしい。
昨日の日本の重症患者数は300人なので、提供されるレムデジビルの数が多くなくとも、かなりの割合の重症患者が救われるかもしれません。これで明らかな効果が見られればギリアド社にとっても強力な宣伝にもなるし、いいんじゃないでしょうか。早く効果が見たいですね。
「同社はすでに世界で14万人分を臨床試験に無償提供すると発表しており、今回はその一部に含まれる。」
日本にはどれだけ供給されるのかも気になりますが、とてもありがたいですね。

業績