新着Pick
53Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは素晴らしい!産業機の新たなスタンダードが発表されました。15kmもの距離までドローンを遠隔で操作でき、各種センサで大型の障害物を見分け、バッテリーは55分と長時間運用が可能です。

橋梁・鉄塔・法面を主にした点検屋として、注目点は2点でした。
まずニーズの高い点検画像を、前回撮影箇所にて次回以降も撮影できるAI機能。これにより経過年で変状を比較したいというニーズに対応できるようになり、点検品質の向上に活躍できそうですね。つぎに遠方撮影から全景を移し、分割された細かい写真は自動でズーム撮影する機能。これは極端にいえば、4方向から撮影すれば次の被写体に移動できるといった運用が可能なため、相当業務が効率化されるものと思います。

日本の点検では、低い桁下を入り込んだり、鈑桁フランジ上部などを確認するなどの用途で、狭小部・狭隘部へのニーズが大きくなっています。また草木の生育が元気な日本の点検環境では、細かい障害物が多くなっています。ですから次に向けた期待のポイントとしては、
・機体の小型化
・車でも一般的になりつつあるレーザーやSLAMなどの微小な障害物を把握できるような仕掛け
・自動撮影を一歩勧めたオートノーマスフライト
あたりを待ち望んでおります!

しかし、とにかく素晴らしい。世界中の他のドローンメーカを圧倒し、周回遅れにさせるくらいインパクトのあるドローンが発表されましたね。
産業用になると価格が一気に高くなる。
本体価格(バッテリー、充電器含まず)は95万円。使ってみたいけど、手が出せない。
バイオハザードの新作映像を観ているのかと思ってしまいました。