新着Pick
216Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ前からeコマースとの競争に苦戦していたニーマンですが、新型コロナで追い討ちとなり、少し前からChapter11の準備をしていたよう。
なお、J.C.Penneyも、現在金利の支払いを止めていて、Chapter11準備中のようです。
いずれも、借入過多で回らなくなったというところですね。
ニーマンによると、$675m のDIPファイナンス(つなぎ運転資金)の確保ができたとのことで、多額の債務免除を得て再建していく形。今月末までにニーマン及び傘下の店舗を閉鎖していくようです。
米小売業はビジネスモデル転換を近年ずっと求められてきましたが、コロナがトリガーとなり、時代の節目となっています。
非常に残念です。ニーマン・マーカスは米百貨店の中ではEC比率が高く、4割弱に達していた筈ですが、それでも不採算店舗の赤字を補えなかったということですね。個人的にニーマン・マーカスが大好きで、1990年代はカタログ通販で、2000年代以降はオンラインショッピングで利用してきました。当時としては日本に発送してくれる数少ない米百貨店でした。
マンハッタンでは、ヘンリ・ベンデルや、ロードアンドテイラーといった、五番街の老舗のデパートが2018年から2019年にかけて姿を消していますが、ニーマン・マーカス傘下のバーグドルフ・グッドマンの今後が気になります。
ニーマンマーカスは、ネット通販等に押され、コロナ以前から業績不振が伝えられていました。

問題は、より健全だった企業まで大きな影響を受けていること。

4月の米国のチャプター11申請数は前年同月比26%増の560件に上りました。2ヶ月間の雇用支援金が有効なのに…です。
今後いつどこまで行動制限を解除し、どこまで腰を据えて政府が支援するか次第では、失業者数に次いで倒産件数も未曾有のレベルとなりかねないでしょう…
Jクルーに続き、ニーマン・マーカスも経営破綻。JCペニーも破産申請を検討中。

Amazonイフェクトで体力が弱っていた後にコロナショックで追い討ちをかけられた格好だ。

日本の百貨店も心配だ。街中の旗艦的な位置づけな場合が多い。コロナ解除後に、買い物に行きたい。
ついにコロナで破綻。ニーマンマーカスといえば、ホリデーシーズンのカタログで一世を風靡したものです。毎年テーマがあって、トップページにはとてもユニークな商品を紹介していました。例えばフェイクUFOとか。ニーマンマーカスからカタログが送られてくるのを楽しみにしていた人も多い。

歴史ある百貨店ですが、その歴史ゆえに過去を捨てられなかったのかもしれません。
JCペニーまで破産が取り沙汰されているのですか・・・。

Eコマースに敗れたリアル店舗は次々と淘汰されていきますね~。
新型コロナはトドメ。

意外にと言っては失礼ですが、ウォルマートがEコマースに対して善戦しています。

普通に考えれば、高級品はなかなか通販では買いにくいのに対し日用品は通販で持ってきてもらう方が楽だと思うのですが・・・。

「高級百貨店」というプライドが柔軟な経営の邪魔をするのかもしれませんね。
日本でも、百貨店よりユニクロのような量販店の方が健闘していますし。
ニーマンよ、お前もか、、、
アメリカの本屋のように百貨店が姿を消す日も近いのか?
いやいや、コロナ破綻じゃねぇだろ。元から破綻寸前だったんだから。
すでに噂はされていましたが、ついにニーマン・マーカスがChapter11の適用を裁判所に申請。事実上の経営破綻。日本人にとっても馴染み深い高級百貨店。コロナの影響が決定打になった印象です。
日本の百貨店も大丈夫だろうか。

世界中で中小企業に限らず、大企業でも企業倒産が今後起きてくるだろう。事業再生コンサルなどは逆に忙しくなるかも。