新着Pick
6Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国連の専門組織であるWHOが台湾を、あたかも中国の一部であるかのような呼称を用いて呼ぶのは、国際社会に先入観を与えることになります。台湾のステータスは、各国が決めることです。台湾と外交関係を結ぶかどうかは、各国の判断なのですから。
それを、国連が「台湾は国連の一部」と決めつけてそのように扱うのでは、米国や欧州各国の強い反発を招くことになるかもしれず、国連の権威を失墜させかねません。
国連の専門機関である以上、一方的な中国寄りの姿勢を示すことなく、中立の立場を保ってこそ、各国の信頼を得られます。WHOは、中国の言いなりになることが、国連の国際的な問題を解決する能力を低下させ、その結果、国際社会を危機に陥れかねないことを理解すべきでしょう。