新着Pick
297Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
デリバリーの配送料は、今や危険リスクに対する店側の報酬と認識し、ユーザーの利用頻度が増えているのだろうと感じます。

記事中に委託事業から社員として保護すべきとの考えからカリフォルニア州において、Uberに対しAB5が適用されている例が紹介されています。日本においても、物流・配送については、国が関与を強め、必要なインフラ事業者として指定事業者化し、危険リスクに対する従業員の保護に力を入れるべきではないでしょうか。

たとえば、ハードシップ手当てなどの至急は義務化すべきだと思います。
デリバリーを“受ける“側と、デリバリーを“する“側で経済格差と分断が起きる点が悩ましいですね。

Uber Eatsでチップ制を導入したらサービスクオリティが良くなったということから分かる様に、公共的な郵便と違い、デリバリーは商行為です。
デリバリーをせざるを得ない方たちの収入を確保しながらの感染リスクから守るかを考えた企業が長期的に成長できる様、受ける側も選んで発注したいですね。
Quartzの特集シリーズである「Guides」を、若林恵さんの解説で読み解いていく「(若林恵の)Guidesのガイド」。
昨日の「メディカル・クラウドファンディング」(https://newspicks.com/news/4882507/)に引き続き、今日は「デリバリーのジレンマ」についてお届けします。

気になった方はぜひ、Quartz Japanをフリートライアルでお試し頂けるとと思います。春割10%OFFは5月17日までとなっています。
👉https://newspicks.com/news/4780093
人的配送はコスト面でもリスク面でも大きい為、今は雇用の受け皿になっていますがこれから数年でどう変わっていくか。今回を機に実証実験からの実用化が各国でより早まるとも思っています。
「人」が動かなくなると、その分、「物」が動く必要がでてくる。

多くの「人」が、動かなくなった場合には、膨大な「物」を、限られた数のリソースで動かす必要がでてきます。

それが「デリバリー」の本質的な課題です。

そして「ロング・ディスタンス」と「ラスト・ワンマイル」という、全く違う性質の2つの移動のベスト・バランスが求められる部分も難しいです。

直列プロセスなので、どちらか効率が悪い方に律速されてしまうからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
日本で考えると郵便局以外に新聞配達という優れたデリバリー組織がある。新聞社はここを抱えるが故にデジタル化が難しいと言われていたりしますが、朝刊と夕刊の配達以外の時間をデリバリーに活かせばかなり上手くいきそう。そして新聞社のデジタル化も進むのではないだろうか。